スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 渓流フライフィッシングへの序章(その1)・・・タカノハカレイ 今期10枚目で踏ん切り

渓流フライフィッシングへの序章(その1)・・・タカノハカレイ 今期10枚目で踏ん切り

先週の金曜日の朝、マンネリ気味の思いを持ちつつ、ホームグラウンドへ。


サンマdeカレイ釣りです。


魚の活性は低く、シブイ朝でしたが、最後に、30㎝を少し切るリリースサイズのタカノハカレイを釣りました。


いつ見ても、目の位置は他のカレイと逆、ヒラメと同じ。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


養殖の稚魚放流モノでした。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

今期10枚目、両軸リールのセットでは6枚目。


狙い通りです。


一時は幻と言われたカレイですが、少しづつ増えてきているようです。


生息数はまだ少ないですが、この魚だけを狙って釣れる様になりました。


これで踏ん切りが付きました。


ソウハチカレイやアナゴが岸寄りしたら、投げ釣り再開。


そう! 渓流に行こう!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題・・・マツカワ、マコ、ソウハチ

>はっちさん

マツカワはそちらでは少ないのですね。
でもこちらには居ないマコカレイが釣れます。

ソウハチは岸寄りすればブラーでもいけますね。

3. 無題

カレイ…釣りたいです^^

マツカワは、椴法華や森で釣っている人を見たことがあります

なかなか函館港では見かけませんね

ソウハチは魚食性があるので、ルアーでも狙えそうですね^^

2. Re:無題・・・マツカワ

>ぎりっちょさん

タカノハカレイは別名マツカワカレイとも呼ばれます。

ウロコの様子から、松ぼっくりに似ているからかもしれません。

渓流は6月ヤマメ解禁という所が多いです。
ニジマスなどは禁漁期間が無い川も多いようですが、季節的には初夏から初秋でしょうね。

1. 無題

タカノハカレイってマツカワのことなんですね。

渓流の季節到来といったところでしょうか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる