スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 久々のベタ凪ぎ 花見カレイをビシバシ・・・Oh Happy Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のベタ凪ぎ 花見カレイをビシバシ・・・Oh Happy Day



昨日の休日は久々のベタ凪ぎ、快晴です。

$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

早朝に近くの港に様子を見に行ってみると、意外やあまり釣り人が居ません。

おそらく、多くのアングラーが、家族や同僚などと花見の宴だからです。

サーフの釣りは取りやめて、即決で、ここで粘ることにしました。

いつもは平日の朝と夕方しか釣りをしない場所ですが、久々に終日頑張ります。

$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

6時頃から順調に釣れ出して、大小にかかわらずハリを飲まなかったカレイは即リリースしながらの投げ釣りです。

それでも8時には手元に30㎝前後のカレイが6枚。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



ちょっと席を外して、知り合いに届けました。

戻ってからも、干潮に向かい、日も高くなっていますが、ボツボツと同型のカレイが釣れます。

タカノハカレイのリリースサイズ、30㎝も掛かりました。

今期4枚目です。

養殖稚魚放流モノですね。
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


昼間は干潮直前の14時頃に1時間ほど時合い、一時は投げる度にアタリ。

その後は、道具箱を枕に昼寝しながらの、のんびりした時間を過ごします。
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

仰向けになって、こんな感じでアタリを待ちます。い~い心地です。
 ↓
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


夕方は風が出始め釣りにくくなりましたが、ボツボツと釣れます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


数は忘れましたが、平均30㎝前後を中心に、20枚以上釣ったと思われます。

止むを得ずキープした魚のうち、僕は3枚だけ持ち帰り、

あとは遠来の男性アングラーに提供しました。
 ↓
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

18時過ぎ、自宅から「昨日釣り上げたタカノハカレイのお造りと、アラ汁が出来た」・・つまり「晩ご飯だから帰宅せよ」の電話があり、即、終了です。

花見カレイ オー ハッピー デイ な一日でした。

ちなみに、Oh Happy Day はゴスペルソングですが、映画「天使にラブソングを2(Sister Act 2)」の挿入歌です。

聖歌隊の歌唱が定番なんでしょうけど、ロックンロール系のエルビス・プレスレーやソウルの女王アレサ・フランクリン、R&B系のエタ・ジェイムスもなかなか良い味を出しています。

エルビスもアレサも、エタも聖歌隊から輩出されたシンガーですけどね。

宗教や信心は別としても、さすがの歌唱です・・・。

Oh Happy Day よろしければどうぞ
 ↓
Elvis Presley: Gospel "Oh Happy Day" (live)


Aretha Franklin: Oh Happy Day


Etta James - "Oh Happy Day"



==========
なみ平のテキトー訳
==========

Oh happy day(oh happy day)
Oh happy day (oh happy day)
When Jesus washed(When Jesus washed)
When Jesus washed (when Jesus washed)
Jesus washed (when Jesus washed)
Washed my sins away (oh happy day)
オー! なんて幸せな日
オー! なんて幸せな日
ジーザスが洗ってくれたとき
ジーザスが洗ってくれたとき
ジーザスが洗ってくれた!
私の汚れた心を洗い流してくれたんだ!(オー! なんて幸せな日)

He taught me how (oh, He taught me how)
To wash (to wash, to wash)
Fight and pray (to fight and pray)
Fight and pray
彼は教えてくれた
どのように(汚れた)心を洗い
どのように戦い、祈るかを
戦い、祈るかを

And he taught me how to live rejoicing
yes, He did (and live rejoicing)
Oh yeah, every, every day (every, every day)
(oh yeah) Every day!
そして、彼はどのように喜んで生きるかを教えてくれた
そう、彼は教えてくれた(喜んで生きることを)
毎日、毎日(毎日、毎日)
(オー イェー!)毎日!
==========

北国もいよいよ春、僕のハッピーな日々、アトランティックな夜も本番。
待ちに待った季節です。

開高健じゃないけど、「祈って、投げて、リトリーブ」、ドキドキの日々が始まりました。



==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳NEW
==============

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題・・・花見カレイ

>Fishboneさん

まさに花見カレイ・・6月中旬までいろいろな種類のカレイ、オンパレードです。

カレイは、あとは晩秋です。

北国はカレイの宝庫ですね。

3. 無題

そちらは今が花見真っ盛りの季節なんですね~ なみ平サン、その釣果…自分的には爆釣を超えてますw うらやましいです

2. Re:まさにシーズンイン!

>咲いたマンさん

北国に自生するサクラは、花と葉が一緒。
花の色も濃いので、一見、八重桜のように見えますね。

久々の好天で・・・
晴れるや、釣れるや、食べるやの一日でした。

1. まさにシーズンイン!

なみ平さん、おはようございます。

最初の画像は八重桜でしょうか。
明るい日差しの中、サンマの身エサでカレイが快釣。お家ではちょっと寝かせたタカノハカレイのお造りが待っている。
この状況はもう讃美歌が聴こえてしまうでしょう。
まったくもってハレルヤです(笑。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる