スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ベイヘッド Penn 創業初期の両軸リール  1936~1938年

ベイヘッド Penn 創業初期の両軸リール  1936~1938年

写真はペン ベイヘッド Penn bay Head


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

濃いチョコレート色のベークライト樹脂.。重量、約470g。.


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


スプールの形状は85シーボーイと同じ・・ひょっとすると・・・??

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



このリールは1936~1938年頃、ごく僅かの期間製造されたレアモデル。


85シーボーイと一緒に並べてみました。

プレートのサイズはPenn85シーボーイと同じですが、スプール幅は1/2インチほど広くなっています。


写真をクリックすると、大きい画像が見えます。


ハンドルつまみは別として、あとは同じメカです。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

少し幅広で、リールフットは初期のかたち

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



スプール幅は2~3種あったようで、写真のモノはリールフットに300ydsと表示されていて、恐らく最大。


リールフットの底にあるラインキャパの表示は初期モデルの証だそうです。

リールフットの形が旧式で角張っています。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



サイドプレートのレリーフもお洒落。・・・これも創業初期の証。


桟橋でアングラーが投げ釣りをしています。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

木製ハンドル。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


ハンドルの中はこんな感じ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


Penn創業初期のリールのハンドルは、セネターなどの大型も、同じ形状の木製ハンドルでした。


その後、Penn独特の魚雷型で木製のハンドルになって、更にベークライト樹脂に変わっていきました。


この木製ハンドルは、通常の魚雷型より力が入りにくいという先入観念を持っていましたが、・・・・

握ってみると暖かい木のぬくもりが感じられて、気に入ってしまいました。


ペン創業初期の資料によると、3つの仕様の両軸リールが製造されていたようです。

3つの仕様とは・・こういう仕様


①:クリッカーのみ、ダイレクトドライブモデル
  シーホーク、シーサイド、ニューポート、No.14アトランティック


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


②:クリッカー+スプールフリークラッチ+スタードラグなし
  シーフォード、オーシャンサイド


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


③:クリッカー+スプールフリークラッチ+スタードラグ付き
  ベイヘッド、コロナド、ブリッジシティー、ロングビーチ、セネター



(詳しい資料はこちらのサイトにて)

The history of Penn Fishing Reels
(英文)

http://stripers247.com/historyofpennreels.htm
(日本語 Google 翻訳)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://stripers247.com/historyofpennreels.htm&prev=/search%3Fq%3DPenn%2Breel%2Batlantic%2Bhistory%26hl%3Dja%26rlz%3D1R2ADFA_jaJP391%26biw%3D965%26bih%3D871&sa=X&ei=JoxfUf7HK8z9rAeApoE4&ved=0CDgQ7gEwAQ 


他には・・・

Old Penn Reels - Stripers Online
http://www.stripersonline.com/t/493084/old-penn-reels 



Penn創業初期、ベイヘッドの他にも、幾つかの機種がありましたが、現存する個体も少なく、収集家には垂涎のリールなようです。


ようやく手にした、ベイヘッド・・・、僕も大切にしていきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:味が。。。

>じゃこごうこさん

こんばんは

シーホークは良い味を出していますね。

僕は同じスペックのNo.14アトランティックやニューポートに萌えてしましまいす。

プレートに金属の補強の無いモデルは、以降、シーホークとシーボーイに収斂してロングセラーになったようですね。

国内ではシーボーイはよく見かけますが、シーホー
クもたまにネットオークションで見かけますね。

3. 味が。。。

たまりませんねえ。
戦前すでに完成されていたということでしょうね。
いいなあ~

後継機に当たるシーボーイも昔日の面影たっぷりで、簡単に手に入るのでお気に入りです。
ロングビーチは退役させて、コロ釣りはシーボーイ2機でいこうかと思案中ですw

あと、シーホークもぜひ欲しいんですが、なかなか見当たりません・・・

2. Re:無題・・・ひょうたん形のノブ

>Fishboneさん

こんにちは

スタードラグの特許が合った時代は高価だったでしょうし、必要ない釣りもありますから、廉価版だったのでしょうね。
日本でも、船胴付釣りの両軸リールにドラグなしがありました。

ひょうたん形のノブは1890年以前のオービスのカタログの両軸リールにもありました。
言及しませんでしたが、拙ブログで紹介しています。
結構、歴史がありそうですね。

1. 無題

桟橋の釣り人レリーフは初めてみました!創業初期から3種類ラインナップというところが興味深いですね~。それとハンドルノブの形状。あのひょうたん形のノブはABUが元祖だと思っていました(^^;)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる