スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ オールド電気浮子は夜のドライフライ

オールド電気浮子は夜のドライフライ


アトランティックな夜


古典的な電気浮子です。


大きい方は単3電池2本、小さい方は1本を使います。


最近は、ケミカルライトを装着する浮子やリチウム電池使用のLED浮子が主流のようです。


写真の浮子は、とても明るく、イヤ、明る過ぎ、かもしれません。


形状を見ても、アタリの感度は今ひとつかもしれません。


今時、こんな道具?、と思うかも知れませんが、この古臭い電気浮子が好きです。


夏の夜、この浮子を投げ込んで、灯りが空中を飛んでいく光景。


波間に揺れる灯りを見つめながらアタリを待つひととき、


そして、魚が食いつきアタリがでると、水のなかにボーっと淡い光となって、斜めに沈んでいく幻想的な光景を見るのが好きです。


海の夜釣りにに使う、ジグヘッドなど、ルアー竿に直接くるアタリも悪くはありませんが、


視覚で見る巨大な浮電気子のアタリはドライフライやトップウォータープラグに通じる面白さがあります。


ソイ、メバル類を釣るなら、釣り針に付けるのは、魚の切り身や活きエサでもいいし、中小型のワームルアー類でもOKです。


でも最高なのは、スルメイカの足、ゲソでしょう。魚の活性が高ければ、ゲソ1本で何匹も釣れます。


新鮮なイカのゲソは光りますし、かなり実力のある天然素材ワームルアーだと思います(笑)。


イカの胴体はお刺身、ゲソは釣りエサ。釣りから帰って、イカ刺しと魚の刺身をビールと共に楽しみます。


夏が待ち遠しいですね。


今年の夏も、5号くらいの糸を巻いたスピンキャストリールと、このオールド電気浮子で・・・夜のソイ釣りをやろうと思います。


秋にはサーモンを釣りたいですけど・・・


アトランティックな夜

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題

>umihei8goさん

こんばんは!

> 「ドポン」て感じのキャスト感・・・魚が喰って「もわわ~ん」て光・・

この浮子の感じは本当にいいですね!!!

スズキは食べましたか。

1. 無題

こちらでは スズキ釣りに よく使いました
浮き自体が重いので 投げるのがとっても楽ちん

この後リチウム電池の「電子ウキ」の時代になりましたが この 「ドポン」て感じのキャスト感と
魚が喰って「もわわ~ん」て光は
少年時代の夏の夜の思い出です
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる