スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 魔魚狩り~ブラックバスはなぜ殺されるのか~

魔魚狩り~ブラックバスはなぜ殺されるのか~

先日、「魔魚狩り」というタイトルの中古本をアマゾンで購入しました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


著者は水産学者の水口憲哉氏。発行所はフライの雑誌社。


特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律が2005年6月に施行される直前、2005年3月発刊です。


本書は「フライの雑誌」の連載コラムをまとめた内容です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


かなり前。本書の中の記事、「日本の内水面の釣りはパチンコ化している」・・というコラム記事を読んだことがあり、その前後が知りたくて通読しました。


筆者の主張を要約すると・・


①河川改修、取水河口堰、護岸工事など河川湖沼の環境が悪化し、在来種の魚が減少し始めた時期に、前後して過去に密放流されていたバスやアメリカナマズなど外来魚が爆発的に増えた。


②現在はバスなども減少している。


③バスなどが在来種を駆逐したと決め付けるだけの論点で、一斉駆除を主張する側は真の問題のすり替えの議論に終始し、真の問題を隠蔽している。


④日本の内水面の魚釣りは人間の管理なしには成立しない状況。(=パチンコ化)

魚の自然な生態・行動の把握(タマ、釘)より、管理者(パチンコ店主)の手法に合わせた釣り方をしなければ良い釣果りが得られない。


⑤バスについては、ゾーニングにより、バスを残す場所(水域)ではきちんと管理し問題の発生を抑える。・・・バスを望まない場所(水域)では外来種の居ない一種の逆サンクチュアリ(外来魚排除地域)をつくりあげるべき。

 

以上、(僕の読み込みでは)・・・こういう主張の内容です。


大昔は芦ノ湖に日本人により持ち込まれ、あとは米軍基地が近い某河川水域の人造湖で繁殖していただけのバスが、見る間に全国に出現したのは、当然のことですが密放流によるものでしょう。


一部はアングラーの手によるものでしょうか、大半はバスフィッシング関連業界の関与だと思います。


関西の野池(営農用水のため池)に爆発的に増えた頃からそう思わざるを得ませんでした。


30年以上前に住んでいた町にある中河川の上流部にあるダムにブラウンが密放流されたことがあります。

このことは放流したと思われる某釣り具店主から聞きました。

その河川は知る人ぞ知る、天然尺ヤマメの宝庫でした。


ダム工事の完成とともに営農用水に水が取られ、水量が減少。


その後ダムより下流にブラウンがまん延し、天然尺ヤマメはおろかヤマメの数すら減少した、悲しい思い出となりました。



以降、かなりの長い期間議論がなされて中流部ブラウンリリース可の区域、ブラウリリース不可ヤマメ(サクラマス稚魚)保護の下流部というゾーニングが実現したそうですが、天然尺ヤマメが復活したという話は今だ聞きません。
(水産資源としての海のサクラマス保護とブラウン釣りの維持しか念頭にないからです。)


このことは、僕が渓流でのフライ釣りを一時止めた理由のひとつでした。


いまあちらこちらでゴミの回収を叫び実践するバスアングラーの活動や声を見聞きし、感心することしきりです。


でもアングラー側からゾーニングについての建設的な意見が出されないのは、バスを一方的に駆逐しようとする団体の主張・論点同じく、両者とも的はずれ、あるいはダブルスタンダードで残念なことだと、・・・この本を読んで改めて思いました。


ちなみに、この中古本は、送料込みで300円程度でした。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

7. Re:無題・・・人間と自然の関わり。。

>はっちさん

人間と自然の関わり。。という視点を失った釣りは、魚を捕るだけのものになりますね。

在来種が自然繁殖する川や湖を大切に思わない方々もいるというのは事実です。

密放流で大きなブラウンが釣れればそれで良い、
在来の尺ヤマメはどうなっても良いというフライマンもいるわけです。

(バスではどうなんでしょうか。)

6. 無題

これは。
果てしなく深い問題ですね

人間と自然の関わり。。

内水面のみならず、海でもみんな似たような釣りに傾倒するのは感じています

わたしはそういうところに嫌気がさして、自分が自然の中でどのように楽しむかということを考えてきました

フィッシングプレッシャーが高まる中、ただ釣果だけを求めていてはいずれ破綻するであろうことは想像に難くありません

外来魚の問題も含めて、根底には釣り人とメーカー、行政という人間の課題なのだと思います

的外れなコメントでしたらすみません(´Д`;)ヾ 

5. Re:無題・・・難しい問題

>Fishboneさん

マスコミの中立性には、元々期待しない方がよさそうですね。

ワカサギの移植であっても生態系を変えますから、国内の内水面は大変な状況です。

ことバスなどの利害関係は複雑ですから、地域ごとにゾーニングを実現していくのが良策なのでしょうね。

バス釣りのブログを見ても意見記事が見あたらないことが不思議です。
バス釣りを維持するのには必要だと思うのですが。

4. 無題

以前、ディスカバリーチャンネルで放送された番組で、北米における外来魚被害を紹介していました。そのときの悪魚はライギョでした。日本にもちこまれた種とは別のものでしたが、ピラニアより恐ろしいとか人を襲うとか…実際の生態とはかけ離れた内容でした。僕は鼻で笑って視ていましたが、おおよその人はそれを鵜呑みにしてしまうんだろーな…と。

NZのように国をあげて徹底的に外来種を遮絶っていうのは難しいんでしょうかね? とはいうもののNZのトラウトとかは元は外来魚だったわけなので(^^;) う~ん難しい問題です。

3. Re:無題・・川の生物が減少した最大の理由

>ぎりっちょさん

河川改修は中下流だけでなく上流の渓流域も深刻です。

川をまっすぐにして単なる放水路、流れが速くて魚が住めません。

密放流の現場は見たことがありませんが、そちらでは目撃されているんですね。

2. 無題

魚をはじめ河川の生物が減少した最大の理由は必要以上の河川改修にあると思います。
まさに”問題のすり替えによる隠ぺい工作”なんですね。
密放流については、業界により組織的に行われたものとほぼ確信しています。
ネクタイを付けたおじさんたちが早朝にバケツを持って放流しているのが何度も確認されています。

1. Re:魔女は・・・○○○○

>釣り具屋のおっちゃんさん

>発足間もない、環境省が、利権団体、選挙組織を造るため、○○ ○○子が、審議を直ぐに打ち切り、害漁法を、消極的な公明党を巻き込み、成立させた。
利権、選挙のため、それにより、一般的に、目立たないことは、強引な法律を作る、釣り人は、バカだから、それに、反対出来なかった。

こんばんは

なるほど・・当時の裏事情ですね。

お願い・・政治家といえども個人名を上げた場合、誹謗中傷となるタイトルや表現はお控え下さい。

釣りの楽しさを伝える匿名ブログです。
(投稿文は修正の上、コピペして上記に掲載しましたので、投稿そのものは削除させていただきます)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる