スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 近所の小河川は水鳥の天国

近所の小河川は水鳥の天国

新年になってから、例年にない寒波で、日中も氷点下の真冬日が続いています。


近所の小河川も水量が減り、川面には氷が張り始めました。



アトランティックな夜 Atlantic Night Talesアトランティックな夜 Atlantic Night Tales

中上流部の深みでは氷が張って池のようになっています。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



ここは野カモ達の遊び場になっていました。


先日、下流部の一番大きな深みでは、川鵜の幼鳥が泳ぎ、盛んに水中に頭を突っ込んで捕食行動を取っていました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


波紋が見えます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



幼鳥だからでしょうか、水中に入って泳ぐ様子はありません。


何度かのトライの後、小さな魚を捕まえたようでした。


おそらく孵化したばかりのサケ、まだ腹に卵嚢が付いた魚でしょう。


そこへ、野カモ達もやって来て川鵜達と一緒に何かを捕食していました。


水草でしょうか。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


鵜とカモが一緒に、水に頭を突っ込んでいます。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


こういう光景を見ると、オフシーズンの小河川は水鳥の天国です。


この場所は夏にカラスがニジマスを上手に捕まえていました。


晩秋にはカモメがサケを捕ろうと滑稽な姿を見せてくれました。


常連のエサ釣り師によれば、この場所は結構魚が釣れる場所だそうですが、フライの僕には、いつもボウズの厳しい所です。


海でもそうですが、鵜が居ると魚がおびえます。


ドライフライでは厳しい理由が分かりました。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題

>ぎりっちょさん

この川では冷え込む上流部の深みが写真のように凍りました。
他の地域では全面結氷する川もあります。
そういう川では、下流域で穴釣りをするんですよ。

こんな寒いのに、カラスが水浴びしているのも見かけます。

1. 無題

川が凍るなんてこちらでは考えられません。どこまで氷るのでしょう。
それほど冷たい川にも魚がいて、それを食べる水鳥がいる。自然の力強さを感じずにおれません。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる