スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続々)奇っ怪なルアー達・・1900年前後・・完結

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続々)奇っ怪なルアー達・・1900年前後・・完結

少し前に手にした、1900年前後の釣り具カタログのアンソロジー本に掲載されていた、今から見れば奇っ怪な形状のルアーです。


僕の釣りはルアーもたまにやりますがメインではありませんし、収集マニアでもありません。


それでも、古いルアーには興味があります。


何だこれ、これで釣れるの???・・みたいな、初めてルアーを見たときと同じ想いがわき出るからです。


つまり、釣れて当たり前の、昨今の高価なミノープラグにはない感動があるということです。


意味のない能書きはこれくらいにして、写真を4枚。


1800年代には、リップの付いた泳ぐミノープラグは無かったのでしょうか。


スピナーのように回転する英国タイプの他、写真のようなリップレスが主流だったようです。

ストリーマーやレジンコートティングのミノーフライに通じるものがありますね。

アトランティックな夜 Atlantic Night 


サーフェースのお魚君、カエル君。・・結構ノーマルなカタチ。ところが・・・・!!!

アトランティックな夜 Atlantic Night

・・・・・ブランド名はアブノーマル。 


悶えるネズミ君。水面でも、沈めてもOK。

アトランティックな夜 Atlantic Night 



最後は、英国、ネジリン棒のスクリュー回転、ワーム・プラグ?。

 ↓

アトランティックな夜 Atlantic Night



19世紀はこんな感じだったんですね。


以降、20世紀にはヘドンなど有名なルアーメーカーが創業し、近代的なルアーの原形が生み出されたようです。

ここら辺は米国のHPやブログに詳しい記述と写真が沢山ありますね。


(了)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる