スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ The Eagle Claw Featherlight Fly Rod 北国で使う、冬の釣竿

The Eagle Claw Featherlight Fly Rod 北国で使う、冬の釣竿

米国 Eagle Claw fetherlight シリーズのフライ竿。


アトランティックな夜 Atlantic Night 


写真は8フィート ライン5~6。


1960年の初期、ミニ金属ジョイントのモデルは米国で製造、最近の並継モデルは中国で製造。


グラス素材、チェリーウッドのアップロックシート、ツートーンのコルクグリップ。


アトランティックな夜 Atlantic Night

黄色で可愛らしい竿です。並継ですがアクションもなかなか良いですね。


米国などのフライフィッシング関係のブログを見ると、いたるところで賞賛されています。


価格は20ドル前後、日本でも3千円位でしょう。

(日本のフライプロショップならウッド素材のリールシートひとつすら買えない値段ですね。)


僕は、フライ以外に、真冬の海で小物釣りに使い始めました。


アンダースピンキャストリールをセットして、スプーンリグやジグヘッド、時にはサビキリグ、浮子も使います。


コルクグリップを握り、小指でアンダースピンのリリースレバーを操作します。


アンダースピンですから手袋をはめたままでもOK!。


オーバーヘッド、ピッチングは楽々・・・・。・・・遊びでボウ&アロウも出来ます(笑)。


コルクグリップだけを握り、冷たい金属のリールシートに触れることが無いので、極寒の北国では重宝します。


アトランティックな夜 Atlantic Night 


視認性の良い黄色いグラス素材ブランクは、食い込みが良く、夜釣でも掛かった魚のアタリや引きを、竿の曲がりで見て楽しめます。

何と言っても、ここが素晴らしいと思います。黒色のグラファイト素材では味わえません。


アトランティックな夜 Atlantic Night 


暖かくなれば、もちろん、渓流や管理釣り場のフライフィッシングもOK!


海では岸壁から6番タイプ4シンキングラインでキャストもしてみたいですね。


1970年代後半フライフィッシングがブームになる以前の国産フライ竿は、老舗の喜楽やサクラの他、ダイワ、NFTなど、一部金属ジョイントもありましたが、並継が多かったのです。


その時代の雰囲気をもう一度味わえるこの竿は、僕のお気に入りの1本になるでしょう。


3千円のフライ竿でも10万円のモノでも同じく魚が釣れるのですから・・・。


つまりバジェット・コース・フィッシング(低予算で雑多な釣り)です。



<
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6. Re:あけましておめでとうございますm(新´Д`春)m

>Hiro/カカシさん

お久しぶりです。

キャベラーズにはグラス素材で面白そうな竿が沢山ありますね。しかも安い。

イーグルクロウだけでなく、グラスのルアー竿の他、オフショア竿もカラフルで楽しそうです。

でも黄色いブランクカラーは一番楽しいかも!

5. Re:フェザーライト

>akiさん

はじめまして

800匹はスゴイですね。

グラス独特のアタリや取り込み時に釣り味は面白いです。
僕もフェザーライトにハマリそうです。

4. あけましておめでとうございますm(新´Д`春)m

今年もよろしくお願いいたします~♪

イーグルクロー
私は以前キャベラーズにウルトラライトのスピニングを数本
メールオーダーして管釣りで使っていました~♪
昔から替わらないブランクカラーもイイですよね~!!

3. フェザーライト

はじめまして

僕もこのフライロッドの愛用者の1人です

ゆったりダヨ~ンとした投げ心地の良さと独特の釣り味の良さがクセになりますね

管理釣り場で1年ちょっと使いましたが、少なく見積もっても800尾以上は釣ったと思います


最近は使ってなかったのですが、久しぶりに使ってみたくなりました♪

2. Re:無題・・・値段以上の出来

>umitomoさん

こんばんは!
同じシリーズですか!
最高級のモノではありませんが、値段以上の出来ですね。
こういう気取らないタックルが、僕は好きです。

1. 無題

私も同じシリーズの3番4ピース持ってます。(^-^)
安いんで錆びてもいいやと思いソイ、ガヤ用で使用。
安い割には十分な性能ですよね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる