スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ メバルの骨酒 真冬、週末のエネルギー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メバルの骨酒 真冬、週末のエネルギー

(昨日の続きです)


一昨日の夜に釣り上げた、メバルの骨酒。

アトランティックな夜 Atlantic Night 




15㎝ほどのメバルを塩焼きにしてから、1合半の燗酒を注ぐと、魚の脂が浮いてきます。


はじめにそのまま一口グビリ・・ハフ~。


次は、魚を少しほぐして、一口、グビリ・・ハフ~。


アトランティックな夜 Atlantic Night 


清酒の味がついた魚の身を口に入れて、グビリ・・・ウ~ム。


最後は魚をほぐして、グビグビ・・・・ワオ!。


燗酒が少しづつ、濃厚になっていきます。


ソイとメバルは同じフサカサゴの仲間ですが、味が違います。


ソイはしっかりと硬く、濃い味の白身。


メバルは少し柔らかく甘めの白身。


ソイの骨酒は辛口の清酒が、メバルは甘口の清酒が合いそうですね。


寒くなって、釣り物が少なくなりましたがメバルはまだまだ釣れそうです。


夏ほどの活性はありませんが、ウルトラライトのルアー竿でジグヘッドやスプーンリグをを投げたり、4m2~3号位の磯竿でちょい投げで、しばらく楽しめそうです。


塩焼きは冷蔵庫で少しの間は保存できるので、釣りに行けない吹雪の晩はこれですね。


そうです、熱燗の骨酒です。


アグア・ヂ・ベベール アグア・ヂ・ベベール カマラ・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる