スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ サケのバタームニエル 焦がしアーモンドソース乗せ バルサミコで更に濃厚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケのバタームニエル 焦がしアーモンドソース乗せ バルサミコで更に濃厚

サケのバタームニエル 焦がしアーモンドソース乗せです。


アトランティックな夜


接岸して回遊し、1回真水を吸ったサケは美味しいと言われます。


塩焼きにしてみると確かにその通り。・・・実に美味しい。


遠洋モノの脂が乗り身が柔らかいサケとは違う食感と味がします。


一方、養殖モノの、脂が多いサケマスを食べ慣れた方には、接岸したサケはもの足りないかもしれません。


接岸し1回真水を吸ったサケをムニエルに調理しても、先日頂いた銀ピカサケのムニエルとは違う味になるはずです。


そこで今回は・・・

先日釣り上げた小型のオスサケを使い、バターとアーモンドをアレンジして濃厚な味に仕上げました。

・・・作ったのは妻ですが・・。


素材のサケの身はやや薄目のサーモンピンク色。


普通の秋サケの色ですね。


【作り方】

①:塩コショウしたサケに小麦粉をまぶし、オリーブオイルで焼きます。
(ここまでは普通のムニエル。)


②:サケを焼いているフライパンにバターを溶かし、ムニエルに絡めて仕上げます。


③ムニエルを取りだしたフライパンにバターを追加し、スライスアーモンドを炒めて少し焦げ目を付けます。

香ばしさが出てきます。


④:焦がしアーモンドを皿に盛ったムニエルの上にまぶし、更に自家製タルタルソースを載せて出来上がり。


そのまま頂いても濃厚な味で美味しいのですが・・・


⑤:バルサミコ酢を振りかけると更に濃厚に!!!!

アトランティックな夜 



この味はレモン汁では出せません。

 ↓

アトランティックな夜 


「バルサミコ」はブドウの濃縮果汁を原料にした果実酢で、色は濃い茶色ぽい黒色です。


濃い口醤油みたいな色ですね。


イタリア料理の味つけや香り付け、隠し味に使われる調味料です。



バタームニエルは、釣った鮭でなくても生サケが手にはいるのでしたら、お奨めの濃厚ムニエルです。


濃厚ムニエルは、パンばかりでなく、ご飯にも合いました。


飲み物はお好みのモノをどうぞ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる