スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 台風直前、サケが釣れ始めた! 準備を急げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風直前、サケが釣れ始めた! 準備を急げ!

昨日は朝から雨、以前夢に見た場所を見に行くと、風と波、濁りです。


サケ狙いの釣り人は一人だけでした。
 ↓

アトランティックな夜


今日はダメかと思い帰宅。


午後、雨が上がり、ナギになりました。


昼下がりにもう一度見に行くと、釣り人が増えています。
 ↓

アトランティックな夜


一昨日の風雨の日、サケが岸寄りしたそうで、港の中にも群れが入ったそうです。


早速僕も出撃。夕方4時ころからですので、日没まで約1時間30分の釣りです。


海岸には10人くらいのルアー釣り師が並んでいました。


もうひとつの場所は、ルアーの人はまだ少なく、邪魔にならない所でチョイ投げ竿をセットしました。


竿は欲張らず2本。


1本はいつものアトランティック竿と7000番。


もう1本はいつもの黄色いマダイ竿にPenn9Mです。

(オフシーズンに、超ロンググリップのオフセットハンドルに改造する予定で、完成の暁には、パラズーム・アトランティックと名付ける予定です。)


アトランティックな夜

今回の場所では投げ位置から40m位のちょい投げでサケ回遊コースに届きます。


暫くすると、大きく竿が動きました。


アタリではありません。サケが投げた糸に触ったのです。


投げ釣りはこういうことが起きるので、地味ですが面白い釣りです。


仕掛けもフロートリグでルアー的。


アトランティックな夜


一方、こちらでのルアーのサケ釣りは、中通しのフロートを付け、針にはサンマなどの切り身を付けて、投げてからゆっくり巻くだけの釣り。エサ釣り的です。


つまり違いは少ないと思います。




さて、隣りで浮子ルアーをやっていた年配の方がメスサケを釣り上げました。


写真をパチリ。

アトランティックな夜



僕もモジリを1回、背びれを出して泳ぐサケを1回見ました。


夕暮れが迫る頃、小さなアタリがありました。投げ釣りでは、接岸しエサを食べないサケのアタリはかなり小さいのです。

(希に向こうアワセで掛かった場合は激しいアタリです。)


アワセを迷い次のアタリ待ちましたが、止みました。

結果論ですがダメ元で、思い切ってアワセてみれば良かった。


後悔先に立たずです。


結局、雨が降り出す曇り空、日没をもって早く暗くなり終了。


明日は台風で大荒れ、雨ですから、河口は大波と泥濁り・・、また数日間サケ釣りはストップです。


次のナギに期待して、それまでに投げ仕掛け、ルアーなど装備を整えます。


まずはリール。


アトランティック竿と7000番では、重量は1kgを超えます。


今年の目標は数や大きさではなく、この竿で1本釣り上げることです。


投げ釣りならともかく、ルアーキャストではとても重くて辛いので、取り急ぎ軽い6000番、左ハンドルのリールに8号ナイロンを巻きました。


細くて強いPEラインを使わないのはアトランティック竿は針金ラセンガイドだからです(爆)。


アトランティックな夜


そして、あともう一台、満身創痍の両軸リールがメンテナンスを終えて帰って来ます。


このリールについてはいずれ・・。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・サケの引きは

>レガ爺さん

こんばんは、白鮭は接岸すると餌を食べません。

銀ピカのうちは、凄い走りとジャンプです。
投げ竿が満月、糸がリールからジー!

でも、婚姻色が出て黒くなると、泳ぐ濡れバスタオル状態の引きに変わります。

1. 無題

スゴ~イ(; ̄ェ ̄)
ダイナミックな釣りですね~。サケの引きなんて想像すらできません(^^;;

強烈なんでしょうね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる