スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ サケの接岸を確認。小魚のポイントも発見。You'd Be So Nice To Come To

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケの接岸を確認。小魚のポイントも発見。You'd Be So Nice To Come To


早朝、近所の河川の河口に行ってみました。8月一杯はサケ釣り禁止規制がありません。

現場に到着してみると・・既に

海に向かって左側は数人の釣り人がルアーを投げています。



$アトランティックな夜


中には投げ釣りの方もいます。場所は一応、住み分けていました。

そこで人の居ない対岸に移動しました。

今回は13フィートのスピニングに遠投浮子を取り付けて、フカセ釣りです。

針は20号くらいの小さめ。

赤色のフェザーとシルバーのフラッシャーを軸に巻き、その上にピンクのタコベイトを被せたモノです。

左に50m位キャストし、浮子を30~20m位沖で潮に乗せて流します。
回りに人がいないので、流したい放題。

立ち位置は水際から15m位下がったあたりです。
遠浅の砂浜では、サケは波打ち際の少し沖、カクンと深くなる駈け上がりにそって移動するからです。

特に引き潮でナギの時は静かに行動するのが第一。

流れ着いた木の根株がちょうど良い背もたれになりました。流木のヒジ当てもあります。



$アトランティックな夜


あとは、アタリを待つのみ。仕掛けは左から右に流れます。

サケの跳ねを1回、波紋は2回ほど見ました。

接岸してから時間が経った個体のようですし、数も少ないので結局アタリは無しでした。

7時過ぎて気温が上がり、地元の常連氏達も帰宅しはじめました。

僕も朝ご飯に間に合うように片づけて車に向かう途中・・・

本流への排水路の流れ出し覗いてみると、小魚がうじゃうじゃ群れています。


$アトランティックな夜


$アトランティックな夜


サケがだめなら、小魚釣りですね。

タナゴ釣りスタイル、シモリ浮子や唐辛子浮子の仕掛けでやったら面白そうです。
(でも・・・こちらではアカムシは売っていません。)

それでもって夕方・・・夏風邪が回復方向にあるので昼間はしっかり休養したので・・

また行ってみました。

夕方は満潮、風が強く浮子では釣りになりませんでした。


$アトランティックな夜


ところが、サケが泳ぐ姿はシッカリと確認することができました。

大分前に岸寄りした個体のようで、黒ずんでいて、やる気は全くない魚でした。


今夜はこれにて終了

Julie London - You'd Be So Nice To Come Home To



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる