スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 今でも現役! 片軸受け横転リール

今でも現役! 片軸受け横転リール


アトランティックな夜
アトランティックな夜
アトランティックな夜


僕が港を釣り歩く楽しみのひとつに、古い道具を使っている方を見ることがあげられます。


最新の道具でも、古い道具でも、釣れる時は釣れます。


釣法は限られますが、古い道具を使う方々には「ある種の落ち着き」や「ゆとり」を感じます。


先日も、港でちょい投げでアイナメを狙っている方のリールを見て感動しました。


なんと、金属製の片軸受けリール・・いわゆる横転式タイコリールだったのです。


横転式タイコリールといえば、富士工業の樹脂製や、オリムピックのチャンピョンというシリーズが知られていますが・・


近づいて見ると、日工産業のタイコリールです。


No.8-100という製品です。


僕は初めて見ました。


アトランティックな夜

アトランティックな夜 


このリールはお父様が使っていたモノを引き継いだそうです。



おそらく昭和30年代の製品でしょう。


日工産業は昭和30~40年代、対米輸出で力を付けた日本のリールメーカーです。


早くからスピニングリールも製造していたようで、マニアには「ダブリン」というスピニングリールで知られています。


このタイコリールは、少し前に発見した丸竹の投竿にはベストマッチです。


僕も1回だけでも、横転タイコリールで釣りをしてみたくなりました。


そして・・・「angler」というブランド名を見て、あることに気が付いたのでした。・・(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題・・・懐かしい

>オペラ座の怪人さん

こんばんは!

ギヤなし。1:1のリールですね。
昭和初期からある、日本のリールですね。
お父さん世代にあ懐かしいかも・・

いまでもチップ釣りには使われていますよ。

3. 無題

これ、投げるときリールを横に倒すやつですよね。
小学生の頃、親父が使ってました。
なつかしい~(笑)

2. Re:出た~!・・記事を待ってます

>じゃこごうこさん
こんにちは

オリムの80mmはハイスピードでしょうか、それとも1:1でしょうか。

六角のリフォーム記事と釣果、楽しみにしています!!

1. 出た~!

いるんですね、そんな方が!


じつはぼくも、両軸だけでなく、オリムの80㎜を手に入れておりまして(爆)

同じくオリムのUS投500という六角竿もリフォーム中なのですw

このタックルで、紀ノ川でチヌを釣ってやろうと企んでいたのでした。

そのうち実現してブログに書きますが、ここで正直に白状しておきますwww
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる