スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 金赤のラパラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金赤のラパラ

少年時代、初めてルアーで魚を釣り上げたのは 金赤のラパラCD9
本当に、でっかい鯰だった。


彼女とデート、小田急ロマンスカーで行った芦ノ湖のレイクトローリング。
スタイルの良い綺麗なニジマスを釣り上げたのはジョイント・ラパラF9。


登山と山岳渓流のフライに熱中し、ルアー釣りと一時決別しようと・・・

湖で使ったルアーはジョイント・ラパラF11 金赤。
ラパラは、イルカのようにクルージングするブラウントラウトの尻尾で叩かれた。


結婚し、子供が生まれ、カナディアンカヌーでファミリーの釣りピクニック。
湖でレイクトローリングを再開した時に、最初に使ったルアーはラパラCD5 金赤。

薄紫色に輝くこれまたでっかいヒメマス。
子供(娘)を釣りに誘うには・・・「お姫様の魚、釣りにいかない・・」でした。


あれから何年たっただろうか・・・フライもルアーも止めて、マイボートで沖釣りに熱中。

そのころ(数年前)、こんなおかしな中古ルアーを手に入れました。

片目のジョイントラパラF13 金赤。

アトランティックな夜

片目の祈願ダルマみたいです。

変わった釣り針が付いていた・・・・これは(たぶん)アオリイカ釣りですね。



1905年、フィンランド国の漁師ラウリ・ラパラによって作られたルアー・・・

「ラパラ」は元々は家族の生活を支えるための漁具だったそうです。


ラウリ・ラパラのエピソード

http://www.fishtokyo.com/rapalarekisi/


なるほど!


またラパラを使ってみようと思う。 両目が開くように・・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる