スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ワイルド・アイ・スカルピン 12㎝ 18g 何に使う?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・アイ・スカルピン 12㎝ 18g 何に使う?

ラパラ社、ストームブランド、「ワイルド・アイ・スカルピン」 12㎝ 18g です。


アトランティックな夜 


アトランティックな夜


このソフトルアーも、先日、旅先の老舗釣具店の在庫処分品として見つけ、手にしました。


米国のストームのブランドですが、パッケージにはラパラ社(Rapala VMC Corp)、中国で製造と表示されています。


アトランティックな夜 


バス用らしいのですが・・・・

僕は、このソフトルアーの姿を見て、北国の海に生息する「ツマグロカジカ」を思い出しました。

アトランティックな夜 

こちらではギスカジカとも呼ばれます。


砂地の海底に大量に生息していて、船釣りや投げ釣りでは、外道中の外道です。


釣り上げるとギ~、ギ~と鳴きます。


このソフトルアーを見て、ヒラメ釣りがひらめきました。


こちらでは、最近ヒラメ釣りがブームです。


岡っぱりではルアーキャスト、遊漁船では400~500gの三角バケのシャクリ釣りが主流です。


僕もかつて、60㎝級のヒラメを釣ったことがあります。


北国のヒラメは何を食べているのか??


興味あるところですが、僕が水深15mのバラ根回りで釣ったヒラメには豆イカが入っていました。


関東では、キスやメゴチをエサにマゴチやヒラメを釣るそうです。


こちらでは、キスやメゴチはいないので・・・


砂地のヒラメはツマグロカジカを補食しているかもしれません。


というわけで、このルアーは中層ではなく、水底をトレースする必要がありますから、ロスト覚悟で使ってみようと思います。


家からすぐ近くの海岸で、・・釣り場所は、ほぼ特定できています。


あとはシーズンを待つのみ。


釣果は保証できません。


「ダメもと」で、「なんちゃってルアー」を投げるのですから。



公式サイト
WildEye® Live Sculpin
http://www.rapala.com/WildEye-Live-Sculpin/WildEye%20Live%20Sculpin,default,pd.html 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる