スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 失せ物を発見!・・超ロング・ダブルハンド・ベイトロッドの改造パーツ

失せ物を発見!・・超ロング・ダブルハンド・ベイトロッドの改造パーツ


先日、秘密基地の片付けで失せ物を発見しました。

1枚目の写真、中段の黒いオフセットグリップです。

DSCN2453 - コピー

これは国産で、おそらく1970年代オリムピック製のモノ。

これにコルク素材で50㎝位のリアグリップを取り付け、超ロングのオフセットグリップに改造します。

10ft位のサーモン用ベイトロッドを作るのです。

去年は一番上のヘドン製でブランクを接着するグリップでしたが、今回はバットフェルールのブランクでブランクが交換できるグリップとなります。

昨年、下段のZEBCO製グリップではミディアムライトのダブルハンドロッドに改造してみました。

写真2枚目の上段がそれです。

DSCN2462 - コピー

ZEBCOではリールシート部分の金属が薄く、30~40gのスプーンでロッドを振ると剛性が不足してグラグラしたので、ヘビー級のオフセットロッドには無理があります。

オリムピック製なら剛性は充分確保できそう。

バットフェルールを締めつけて固定するキャップにもコルクを取り付けて、長めのフォーグリップにする予定です。

写真3枚目中段のように、オリムピック製にブランクのバットフェルールを刺し込んでみるとしっかり固定できました。

DSCN2463 - コピー


固定キャップへのコルク接着が第一関門ですが、工作は下手くそなので、焦らずやって行こうと思っています。

このグリップ完成すれば、サーモン用以外にも、いろいろなアクションのブランクで、ルアー以外の釣りに使うことができますしね。

パラボリックなムーチングアクションのロッドで、コースフィッシングとか、レイクトローリングと、ちょい投げ釣りとか・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 流石です!!・・いえいえ

> ウミンチュさんこんばんは!
 いえいえ、既製のストレートグリップベイトロッドを切り取って、装着するだけです。
 ABUアトランティックのレプリカですから剛性のあるリールシートが必要なんですね。
 リールはもちろん写真のアレとコレ。

流石です!!

ぼちぼち過去記事も含めて読ませてもらっていますが、ロッドの自作ですか。改めてすごいと思います。

私はルアーやイカエギなどは自作といいますか、カスタムしますが、さすがにロッドは・・・。でもやろう、やろうとは思っていますが。なかなか。

オリムピックのオフセットグリップですか!!
装着するリールが気になりますな~。完成が楽しみです!!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる