スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ サマーラン・スチールヘッド3本目の啓示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーラン・スチールヘッド3本目の啓示


先週の火曜日、海の日の翌日のできごと。

この日の午前中、久々に晴れ上がって川も良い感じ。

ホームリバーやスチールヘッドの本命場所の鮠ヶ淵、は、水位が下がり、濁りもありません。

ところが、午後から雨模様になります。ホームリバー上流部は小雨模様。中下流部は曇天。

仕事を終えて空を見上げると、海岸のはるか西側で雲が切れて夕日が見えています。

西方浄土・・これは大場所、鮠ヶ淵の吉兆か!!・・。

仕事を終えて直ぐに出撃。

ホームリバーをスルーして、鮠ケ淵に直行。ところが、鮠ケ淵は泥濁り。

ここは浄土ではなく地獄の様相。

直ちに引き返しました。

向かう方向には雲の切れ間から湯比が差し込み、半円の綺麗なレインボウ、虹が見えます。

これは、啓示か!!・・。

既に19時近く。

時間が無いので、近所の小河川下流部に行くことにしました。

川の濁りは全く無く、少し増水していて良い感じ。

コピー ~ DSCN0965

ポイントでは既にチビヤマメのイブニングライズが始まっていました。

コピー ~ DSCN0911

いつもなら暫くの間,チビで遊びますが、今回は初めから大きめのウェットフライで一発勝負。

キャストを始めて、直ぐに、小河川としてはナイスサイズのレインボウ。

小河川のレインボウ DSCN0997

粘っていると、真っ暗になる少し前に、大きな波紋のライズがあって、水面直下のフライにアタック。

魚は川の上へ、下へと走り回りました。釣り上げたのは、サマーラン・スチールヘッドです。

今期3本目。

スチール DSCN1007

この日釣れた川育ち、グリーンバックのニジマスと比べてみると、違いは一目瞭然。

地元の漁師がテツ(鉄)と呼んでいるように、頭と背中は黒、体には斑点が見えず、黒鉄色。エラに赤いレインボウの痕跡。

海から遡上したばかりのフレッシュランだったようで、ファイトは激しかった。

近所の小河川は、海の直ぐ近くの下流部が清流や渓流状態の中小河川なので、水温が低く、サマーランは遡上しやすいのかもしれません。

海水温が上がって川で避暑だったのかなぁ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 3本目は完璧なスチールの

> ウミンチュさん 3本目は完璧なスチールの姿でした。
放流モノが育ったドナルドソン系より小さいですけど、自然繁殖のネイティブな個体が居ることが素晴らしいですね。

No title

スティールヘッドよく釣りますね~!!

なかなか良い魚体で綺麗なこと!!

私もスティールヘッド釣ってみたいものです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる