スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 12月末から6月の釣りは原点に歩いて帰ろう・・Walkin' My Baby Back Home

12月末から6月の釣りは原点に歩いて帰ろう・・Walkin' My Baby Back Home

アトランティックな夜にようこそ!

恒例の、音楽で語る僕の釣りアンソロジー。

今回は6カ月をまとめて。

まずは音楽。今回は1930年代の古いポピュラーソング“Walkin' My Baby Back Home”邦題は“歩いて帰ろう”

昨年公開していたスウェーデンの歌姫モニカ・ゼタールンドをモデルにした映画「ストックホルムでワルツを」でも主演のエッダ・マグナソンのスウェーデン語の歌唱が素晴らしかったし、もちろんモニカ・ゼタールンド自身の歌唱も素晴らしい。

僕は1970年代にフランス国でJAZZバイオリンの名手、ステファン・グラッペリの演奏で・・。
当時、FFを始めたばかりの頃、JAZZ熱にもかかっていて、歌モノとは知らずに、この演奏でメロディーがインプットされました。
(よろしければどうぞ)
Oscar Peterson & Stephane Grapelli - 05 - Walkin' My Baby Back Home


JAZZ系では1952年ナット・キング・コールが鉄板。ナタリーコールとの仮想デュオ。
Natalie Cole - Walkin' My Baby Back Home [Duet with Nat King Cole] 


ステファン・グラッペリの演奏から僕はパリのそぞろ歩きをイメージしていましたが、

今回記事を書くにあたって歌詞を訳出してみるとそれどころではないようす・・。

歌詞は直球ど真ん中の熱愛ラブソングでした

===============
僕のテキトー訳
===============
Gee, it's great after bein' out late
Walkin' my baby back home
Arm in arm over meadow and farm
Walkin' my baby back home
わあ! デートで遅くなった夜は最高
歩いて君を家まで送って行きながら・・
腕と腕を絡ませて牧草地や農園を抜けて
歩いて君を家まで送って行きながら・・

We go 'long harmonizing a song
Or I'm recitin' a poem
Owls go by and they give me the eye
Walkin' my baby back home
僕達は歌を一緒に歌ったり、
僕が詩をそらんじたりしながら歩いていく
フクロウ達の目が僕を見て通り過ぎる
歩いて君を家まで送って行きながら・・

We stop for a while, she gives me a smile
And snuggles her head on my chest
We start in to pet and that's when I get
Her talcum all over my vest
僕達はちょっと立ち止まり、
君は僕の胸に顔を寄せて頬笑みかける
抱き合って愛撫を始めると、僕の上着は彼女の化粧だらけ

After I kinda straighten my tie
She has to borrow my comb
Once kiss then We continue again
Walkin' my baby back home
僕は曲がったネクタイを、まあ、真っ直ぐにし
彼女は僕の櫛で髪を直さなければ・・
でも、また繰り返して、キスをして抱きしめる
歩いて君を家まで送って行きながら・・
===============
なるほど、この歌詞なら、芯の強い歌声、カントリー・ガールのジョー・スタッフォードです。
Jo Stafford ::: Walking My Baby Back Home (1945年)

===============
さて本題。

年末に上京した折に老舗のカンツリてフライフィッシングを2日連続で。

全然寒くなくて快適な釣りで、年始にも、と思っていたのにロッドを破損して断念しました。

IMG_0493 - コピー IMG_0488 - コピー IMG_0487 - コピー IMG_0485 - コピー

帰宅して以降、いろいろ忙しく、ブログもSNSも殆ど休みました。

その間、引っ越しの準備、そして秘密基地のレイアウトを練ります。
3月末に引っ越してから、まずは母屋と秘密基地とホームシアターをセット。

秘密基地 IMG_0028 - コピー

4月上中旬は、使い込んだ家具のリフォームやハウス園芸の準備。

IMG_0068 - コピー コピー ~ DSCN0235

釣りは4月下旬から再開。

今年の初釣りは冬の装備、スピンキャストで尺メバルを連発。
その後、梅と桜が同時に咲いて春のタックル、両軸リールと改造したダブルハンドオフセットロッドで、また尺メバルを。
メバル釣りの目標はあっさりと達成しました。

DSCN0014 - コピー DSCN0204 - コピー

GW前後には秘密基地のデコレーション。

DSCN0251 - コピー DSCN0034 - コピー
DSCN0043 - コピー DSCN0046 - コピー

秘密基地で酒盛り。山賊料理と海賊料理。

タラバガニ DSCN0065 - コピー
DSCN0155 - コピー DSCN0137^-コピー
DSCN0275 - コピー DSCN0222 - コピー

恒例、5月の投げ釣りは、絶不調。4回4時間ほどで、ツブ貝が1個。
今期は早々に諦めました。

我が家の庭も手入れをしなければなりません。カモミールを植え込んで和洋折衷。
そしてカモミールティー用に花を摘み取ります。

コピー ~ DSCN0423 コピー ~ DSCN0424
コピー ~ DSCN0425 コピー ~ DSCN0457

そして渓流FF、まずは野草の花見を兼ねて下見。

DSCN0187 - コピー DSCN0175 - コピー

5月末から前倒しで始めます。

まずは、ホームリバーのホームポイント
コピー ~ DSCN0494 コピー ~ DSCN0491

その後、ホームポイントは大増水の激流に

DSCN0505 - コピー コピー ~ DSCN0778

近所の小河川では、中・下流部の鉄板プールでレインボウ。

DSCN0668 - コピー コピー ~ DSCN0696

ホームリバー、大河川中下流部のチェリープールでは、ヤマメ。

DSCN0683 - コピー

第2のホームリバー、中規模河川下流の鮠ケ淵。
ウグイの巣窟で快釣し、苦手な場所を克服。

コピー ~ DSCN0597 コピー ~ DSCN0607

7月から始めるコイ釣りもトラウトのFF漬けになりそうなので、前倒しで1回。そして1匹。

DSCN0591 - コピー DSCN0577 - コピー

6月最後の釣りもFF。鮠ケ淵でまさかのサクラマスを。
そしてまさかのデジカメ水没。
3日後に復活し写真ファイルも確保しました。

コピー ~ DSCN0735

いろいろ書き連ねましたが、4月から6月は1月から3月に休んだ分以上の濃い釣り。

年末に一番好きなFFで締めていたので、3ヶ月の休みも乗り切れたと思います。

FFで終わり、FFで始まり、FFの熱愛真っ最中、

マイホームとホームリバーでFFに熱中しはじめたはりか、当時、、FFと同じように熱中していた曲 Walking My Baby Back Home の曲の意味を知るという、僕の原点に立ち返る半年になりました。

さて7月から8月、まだまだFFを続けます。釣りたいのはもちろんサマーランのスチールヘッド、ゴーマル級。

記事の締めは、ジャネット・クライン Janet Klein と、モニカ・ゼタールンド Monica Zetterlund の スウェーデン語歌唱で。

Janet Klein with Hobo Jazz -- Walking My Baby Back Home 


Monica Zetterlund: SAKTA VI GÅ GENOM STAN 


夏真っ盛り、皆さまも良い釣りを!!

そして、鼻歌は、Walking My Baby Back Home ・・かな

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる