スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ホームリバーをFFで巡礼3~5日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームリバーをFFで巡礼3~5日目

先週の月曜日と火曜日、サンクチュアリで禁断のFFを敢行した翌日から、

僕のFFホームリバー、3つの河川を巡ってきました。

巡礼です(笑)。

水曜日、始めに激流のホームポイント。

コピー ~ DSCN0832

大プールでニジマスを1匹掛けてから、下流に移動したところ、エサ釣り師が2名、超ロングの手竿で本流スタイル。

僕は撤収して、最下流のヤマメ場所へ移動。

ここは水田からの用水流入で水温がかなり高くなっていました。

コピー ~ DSCN0853

明るいうちには、魚の気配を全く感じません。

真っ暗になり始めた頃、至るところで猛烈なライズが始まりました。

ドライフライに替えるたいところでしたが、時間がもったいなくてニンフのままキャスト続行。

ナイスなヤマメ釣り上げました。

コピー ~ DSCN0839

木曜日、最下流の大場所、鮠ケ淵。

先週の土曜日の集中豪雨で川床が掘られていて、いつもの立ち位置までウェーディングできません。

やむを得ず、やや下流から。

コピー ~ DSCN0851

苦戦しました。

いつもの立ち位置でロールキャストやショートキャスト用に組んだ、グラス4番ロッドの6番ライン。

ウェーディングしているるので、ミドルキャストすら上手くできません。

やむを得ずショートでニンフを流して、ヤマメ1匹。

コピー ~ DSCN0844

この場所での初ヤマメです。

金曜日、ホームリバーのヤマメ場所に再び。

日中、ルアーマンが入っていたので、苦戦を予想。

ところが、薄暗くなってから、前回より激しいライズが至るところで。

久々に10番の大きなドライフライでキャストするも、どうも違う感じ。

真っ暗になってからのドライフライは、フライが見えないし、ナチュラルドリフトも出来ていないようで、

なんだか当てずっぽうみたいで調子が出ません。

かろうじて釣り上げたのは、新子ヤマメと、

コピー ~ DSCN0861

まずまずのニジマス。

コピー ~ DSCN0864

これはフライが着水して直ぐにライズした魚です。

しばらく川面を見ていると、大きな魚が急流を下りながら、何回もボイルしてエサを追いかけています。

これは、次回への大きなヒントになりました。

そして、翌々日に・・・・(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 久々の晴天続きで

> ウミンチュさん
久々の晴天続きで、月から金まで皆勤でした。

流心の激しいライズはドライでは難しいです。
ドライならもう少し水面が静かで、魚もアングラーにもフライが視認できるスポットですね。

波立つ早い流心でのライズは、水面直下のモノを追っているのです。
(水面上のモノは上手く捕食できないのです。)

No title

ホームリバー巡礼ですか!

水木金と釣行お疲れさまでした。
激しいライズがあっても食いつかないのは気になりますね~。
次の記事に期待です!!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる