スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 遂に完成、私的に理想のモバイル、ダブルハンド・ベイト・ロッド

遂に完成、私的に理想のモバイル、ダブルハンド・ベイト・ロッド

今から4年前、英国シマノの振り出しモバイルロッドの改造を始めました。

元々は9フィート仕舞込寸法38㎝。
フェザーウェイト社のバットフェルールにスリーブオーバーのジョイントを作製して、チャンピオングリップのベイトと元々のスピニング、両用にしてみたのです。

英国シマノ EXAGE - コピー

でもコルク素材のフォーグリップが無いのは不満でした。

ゼブコのグリップでダブルハンドグリップへの改造が出来たので、バットフェルールにもコルクを装着しました。

ビフォーアフター・・・。
4年越し。

IMG_0338 - コピー2

フォーグリップは、構造上、止むを得ず短めですけど、ようやく納得できるモノになりました。

IMG_0341 - コピー

この竿は、ルアーフィッシングでは海の根魚とサーモンの釣りが中心の地元では使う機会がなさそう。

湖のビッグトラウトとか河川のフッコとか・・・、旅のモバイルロッドです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title>デイジーさん・・僕は未経験ですが

>デイジーさん・・僕は未経験ですが、アルミ素材なので曲がることはあり得ますね。
フジのコネットならそういうことは無いのかもしれませんし、ベイトもスピニングも両方使えますね。

No title

一本でスピニングもキャスティングも差し替えて使えるって面白いですね。実は私も似たようなアイデアで一本作っています。

ところでパワーのあるブランクをバットフェルールにさして使うと、魚の引きでフェルールが曲がると聞きますが(私の竿も曲がっているのがあります…)そんな経験てお有りですか??
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる