スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 11月末、エキシビションのはずが カレイでガチンコ最終戦

11月末、エキシビションのはずが カレイでガチンコ最終戦

自然相手の趣味である魚釣りのシーズンは、フェードインで始まりフェードアウトで終わるものです。

内水面では、特大の成魚放流で特別解禁とかいって、パチンコ店の新装開店みたいなイベントがあるけれど、アングラーの多い領域ではこれもまた「アリ」。
でも、満足度から言えば「ちょっと物足りない」。
海釣りではこういうことはありません。

満身創痍のオールドリール、稲村RODDYでカレイを釣り上げた後は、いよいよ寒くなってカレイ釣りはフェードアウトの時期。
僕は11月一杯やって終わりにするつもり。
魚が徐々に釣れなくなっていく過程を、ゆったりと楽しむつもりでした。
1日置いた日曜日、土曜日から用事があってダメかと思っていたら時間が取れたので出撃。

お気に入りの定番ミッチェルと、今年から使い始めたペンの2セット。

カレイを1枚。

IMG_0160 - コピー

アイナメを1匹。

IMG_0162 - コピー (2)

そして翌日から気温が下がって大雪。
その後は、大雨。
河川は雪解け水で一気に増水し、海も泥濁りになりました。

11月最後の週末、金曜日。水温は、ぐっと下がったようです。
幸い無風のナギ。

IMG_0174 - コピー

大潮なのにとてもシブイ日で、アイナメを1匹。
本命のカレイはボウズ。
今期初のボウズです。

翌、土曜日。再び大雨で断念。
日曜日は雨後で晴れたものの、猛烈な風。夕方に満潮。
これでは、アイナメ場所の「風の聖地」しかありません。
夕方に行ってみると、風向きが思惑とは違って、向かい風。
即、断念しました。

IMG_0192 - コピー

カレイ場所に移動。
強風ですけど左からの横風。
投げ辛いけれど、なんとかやれそう。

IMG_0193 - コピー

僕はある確信を持って投てきをしました。
普通なら大潮で活性が高いハズですけど、水温が一気に低下して、数日の間、食い渋った魚は腹を空かせていて、条件は悪くても一時的に捕食行動を取る短い時合いがあるだろうと読みました。

エキシビションのはずがガチンコの真剣勝負。
15時半過ぎから開始して、アタリを待ちますが、全くアタリの無い時が過ぎていきました。
ところが!
16時過ぎの日没直後。
日没を待っていたかのようにアタリが!
寄せて見ると本命魚。

IMG_0196 - コピー

33㎝。身の厚いクロガシラカレイ。包卵メス。

IMG_0199 - コピー

IMG_0202 - コピー

写真を撮っていたら、またアタリ。
これは32㎝。オスのようです。

IMG_0209 - コピー

数釣りや最終的な数にはあまり興味ないけれど、この秋、1カ月、4週間目で、ダブル“つ”抜け。

そのあとは全くの沈黙。
いつもより30分早い18時撤収。

読み通りです。やったなぁ・・やりこんだなぁ・・。
晩秋から初冬、アメリカンスタイルのカレイ投げ釣りはこれで終了。

IMG_0171(2) - コピー  IMG_0172(2) - コピー
(写真はノーマンロックウェルの画集から引用)

シーズン終盤でエキシビションのはずが、カレイ釣りでガチンコの真剣勝負。
フェードアウトではない、思い出に残る「納得、充実」の最終戦となりました。

記念すべき最後の2枚はブロ友にプレゼントしましたよ。

12月からはもっと寒くなるので、スピンキャストリールとルアーロッドのセットで、ぶ厚い手袋をはめて、ソフトルアーの釣りが始まります(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる