スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 晩秋のカレイ釣り・・ミッチェルとペンで快釣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋のカレイ釣り・・ミッチェルとペンで快釣

先週の日曜日の夕方、出撃しました。3日連続の3日目。

長潮・若潮から小潮中潮へと変わり始め潮が動き出したのです。

この2日間はペンリールのセットとミッチェルのセットでやってきましたが、ペンの方ばかりにカレイがヒット。

今日は両方で釣り上げたいものです。

IMG_0071 - コピー

潮の動かない日は、この浅い場所では日没過ぎに起きるワンチャンスの時合いのみ。

向かい風が強くて、あまり遠くに投げることはできません。それでもアマモ帯の切れ目になんとか届きます。

待つこと30分・・、17時前後からアタリが出てきました。

まずは僕の定番、レギュラーのセット・・、ミッチェルのセットで2連発。

大きくないけれど、31㎝。

IMG_0059 - コピー

しばらくして33㎝。

IMG_0061 - コピー

どちらも食べごろサイズ。

これで時合いは終わり。沈黙の時が過ぎていきます。

18時終了予定を30分延長するもアタリ無し。

ミッチェルのセットを片付けて撤収を始めた処、ペンのセットに大きなアタリが出ました。

これも33㎝。

IMG_0067 - コピー

今回は、大きいサイズは出ませんでしたが、上向いてきていることを実感する快釣となりました。

次の週末は新月前後で大潮・・、期待できます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる