スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 大きなプールでヤマメFF・・ホームリバーで渓流FF23~25回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなプールでヤマメFF・・ホームリバーで渓流FF23~25回目

セカンドホームリバーの大場所“鯎が淵”でボウズ覚悟のタフな釣りをやり続け、なんとか本命魚を釣り上げたので、ホームリバーでも同じような釣りをやってみたくなりました。

大きなプールで、動き回らず、静かにライズを待つFF。
暗くなるぎりぎりの短い時間に、狙った魚を1匹釣り上げれば大満足の釣り。
遡行しながらの釣りとは違う、FFならではの面白さがあります。

DSCN1591 - コピー

本命魚はヤマメ。
ドライ、ウェット、ニンフと色々試してみました。

初日はニンフでルースニング。
台風崩れの低気圧が来て強風、雨予報。
ポイントに辿りついた時に、ポツポツと降り出しました。
最初の魚はニジマス。
背中が盛り上がって、素晴らしいコンディション。オス顔しています。

DSCN1587 - 初日コピー


この後、激しいライズが始まりました。

続いて釣り上げたのは、ヤマメ。
海に下ることなく、居残り君ですから、これもオス。

DSCN1600 - 初日コピー

その後、ルースニングのフロートマーカーに激しい水飛沫を立ててでアタックする魚が!
既に真っ暗になったので、少しだけ粘って終了。

2日目のイブニング。
6時過ぎ開始なので、1時間もすれば真っ暗になる、雨後の曇り空。
上流からの風が強くて、キャストが難しい状況。
ドライフライが上手くスポットに入りません。

明るい内に、まずは、ウェットフライでダウンクロスでドリフト。
最後のターンでニジマスがアタック。
これもナイスコンディション。

DSCN1657 - 2日目コピー

薄暗くなって、僕の回り、直ぐ側の足元でもチビがライズを始めます。
そこで、クロス気味にキャストしてダウンクロス風に流し、フラッタリング。
ショートキャストに切り替えて、ショートドリフト。
アタックしてきたのはヤマメ。

DSCN1664 - 2日目コピー

終了寸前の対岸の草むらの影で大きなライズを1回目撃しました。


3日目のイブニング。晴れ、同じく6時過ぎにポイント到着。

今日はドライフライとの目論見なのに、ライズは散発的。
上流側に立ち位置を取って、リーダーに1.5m位のロングティペット。ショートキャストで対岸の“エグレ”を流します。

これは、当たりましたが、上流側からのアプローチなので、掛かりが浅く水流の抵抗もあって2連続バラシ。
しかも大きい魚ばかり。3日通って、ようやく掛けたナイスサイズ。
掛かったらラインを緩めるという余裕は僕にはありませんでした。
つまり、まだ未熟だということ。
その後は主流の際を流して、なんとかヤマメ。同じサイズを2匹。

DSCN1667 - 3日目コピー


同じポイントに3日連続で通い、このプールにはかなりの数、魚が居ることが判りました。
地元の常連ルアーアングラーも良く来るそうですけど、中々釣れない場所だそうです。

大きなプールは、やはりイブニングFFが独壇場の場所ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる