スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 川の主釣り・・鯎が淵で渓流FF

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の主釣り・・鯎が淵で渓流FF

8月は、川の下流部にある大きなプール・・・、
僕が命名した「鯎(ウグイ)が淵」ばかり通っていました。

DSCN1439(2) - コピー

本命魚は春に海から遡上した、大きな「マルタウグイ」。
ここで晩秋まで暮らして、エサの少なくなる冬には海に下る魚。
この大きなプールで一番長く暮らす川の主です。

川で暮らす間、カワウやアオサギ狙われ、一時的な来遊魚(大きなサケやトラウト)に場所を占有され、怯えながら暮らしているのです。

だからウグイとはいえ、とてもナーバスで、真っ暗になってようやくライズするのでとても釣りが難しい場所。

まだ釣り方もよく判っていませんでしたが、今年の8月集中的に通って見て、少しづつ釣り方も見えてきています。

そのひとつが25㎜にケミカルライトをインディケーターに使うこと。

元々アナゴ投げ釣り用に調達したモノ。今年の8月はシケ続きで、アナゴ投げ釣りは諦めムード。
アナゴは晩秋に賭けることにして、“うなぎ”かば焼きを購入して“がまん”することにしました。

DSCN1445(2) - コピー

つまり、8月はアナゴ投げ釣り用のケミカルライトは全て夜の渓流FFに使うのです。

さて、先週の水曜日。
先日まとまった雨が降って増水し、遡上したスチールヘッド達も上流に移動したようで、雨の間、カワウも来なかったのか、夕方明るいうちから魚がライズしていました。

ライズものんびり、落ち着いた感じです。
これはチャンスと思い、期待して川に入ります。

DSCN1440(2)コピー


深い谷間の大淵。ガ~ガ~という大きな音で上空を見上げると、大きなアオサギがゆっくりと羽ばたいて飛んでいます。
太古の始祖鳥みたいな錯覚。
ここはジュラ紀か・・。

そしてアオサギは爆弾を投下。
水面に、ボタッ!ボタ!、バシャ!バシャ!と着弾。
直撃は免れました。

さてFF開始。曇り空。
8月上旬に遭遇したカゲロウのスーパーハッチは終わって、今はユスリカが羽化する程度。
そこで、ウェイテドニンフをセットしたルースニングでやってみます。。
小さいアタリが時々。

フックできたのはチビのウグイ。

DSCN1493(2) - コピー

暗くなる直前に、上流からカワウ、成鳥の群れがやってきて、水中をかき混ぜて下流に行きました。

これで夕方のライズはストップ。薄暗くなって、インジケーターが見えなくなる頃、再び散発的にライズが起きます。

いつものように25㎜のケミカルライトをリーダーに装着し、アップクロスのショートキャスト。

最後に使うフライは、細身で小型の伝統的なウェットフライを試してみることにした。

銀色のティンセルボディーと、黒ボディーに銀色のティンセルをリブ巻きしたウェット。
12~14番位。

水面上や水面直下でもなく、水中深くでもない、水面下5㎝位で、僅かに煌めく細身のボディー。

繰り返しキャストしていると、待望のアタリ。
ぼわ~っと光るインディケーターが上流に引き込まれました。
そのスピードは遅め。

ラインスラックがあるので大アワセでフック。
間違いなく、ヤツ。川の主クラスの魚。

トラウト並みのファイトの後、ネットに入れたのは41㎝ウグイ。

DSCN1500(2) - コピー


この場所での、僕の本命サイズ。
この日はこれで撤収。

翌々日の金曜日、もう一度チャレンジ。この日も曇りで気温も低め。
前回の釣りがマグレだったのか、理にかなっていたのか、もう一度釣り上げて再現出来ればという思い。

入渓流地点から立ち位置に移動しているところ、入渓地点にルアーアングラーが降りてきました。
相手には申し訳ないけれど、立ち位置でキャストはせず、サンドウィッチをほおばりながらルアーアングラーの釣りを見ていました。

スピニングでカシャッという音。
黒っぽいリール。オールドミッチェルを使っているようで、地元のベテランのようです。

DSCN1506(2) - コピー

僕が先に入っているので、僕の方に向かってルアーを投げ込むことはせず、暫くして移動していきました。
バイクの音がするのでラン&ガンのようでしたね。
ルアーのラン&ガン、これも理にかなっていますけど、夕方、大きなスプーンを、僕がフライを落と位置に落とす位置に対して直近の上流側にドボン、ドボンですから、その後のライズは散発的。

僕はウェイテドニンフをセットして殆ど流れが止まる下流までロングドリフトさせて探りました。
1匹目のアタリは、深く沈めてドリフトしているフライにストップをかけて、水面方向にスイングさせた時に出ました。
いわゆるライゼリング・リフト。快心のフッッキング。

この魚も41㎝。

DSCN1508 - コピー

写真を撮ってから、もう一度立ち位置に戻ると既に真っ暗。
昨日と同じウェットフライでアップクロスでドリフトしていると、1回だけアタリがあって同じサイズの魚を釣り上げることができました。
(写真は撮りませんでした。)

これで撤収。この日の2匹は、昨日の釣りがマグレではなく、今の状況にマッチした再現性のある釣り方だと確信できました。

トラウトではないけれど、シビアな状況でのウグイFF。FFならでは面白さと可能性を味わうことができた釣り、思い出に残る釣りとなりました。

この川には既にサーモンが遡上し始めていて、先日も淵尻で目撃。
8月、他のFF場所に行かず通い詰めた成果、来年につながるFFが出来るようになった思います。初めに1年と2年目は早めに諦めていましたが、今年は通いつめた成果です。
釣り方の本や情報も集めず、全て現場での試行錯誤に徹しました。

帰宅途中に、本マグロの大トロの握り寿司を調達して、お祝いをしましたよ。

DSCN1520 - コピー

9月になれば、大挙して遡上するので、このあたりでの釣りは、密漁者と勘違いされるのではばかられます。

できれば、8月中にもう一度、晴天で気温が上がった日に行ってみたいと思いつつ帰宅しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる