スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 毎日がフライデー(前編) ホームリバーで渓流FF15~18回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日がフライデー(前編) ホームリバーで渓流FF15~18回目

先週の日曜日、朝はパーフェクトなコースフィッシングで僕の釣りへの想いが一新されました。
帰宅して昼寝。

日中雨が降り続きましたが、夕方は前日からの雨が止んだので、ホームリバーを偵察にいってみました。

ホームリバーには待望の雨。

1週間ぶりに渓流FFの15回目。

ところが中上流のホームポイントは増水し濁流でした。

諦めて、下流のヤマメポイントへ。

ここは濁り始めたばかり。分水稜付近で相当な雨が降ったのでしょう。 

今回はウェイテドニンフを使ったルースニング。

フックサイズ10番とヤマメでは普通あり得ない大きさのフライ。

暫く流しているとヒット。

ナイスサイズのヤマメ。

写真を撮ろうとモタモタしているうちに、フックが外れて逃げていきました。

翌月曜日の夕方。

気温が29℃まで上がって夕方も25℃以上。

期待できます。中上流部に行ってみると、濁りと増水は収まっています。

少し水位が高く水量があり、水流も速め。

いつもは流れが緩い深みを選んでドライフライを流すと。

DSCN1103 - コピー

30㎝弱のニジマスが3本釣れました。

DSCN1121 - コピー

火曜日は下流のヤマメポイントへ。暑いけれど曇り空。

この日は激シブ。イブニングライズはありません。

暗くなり始めてからウェットフライを流して釣り上げたのは、昨年生まれた新子のチビヤマメ。

10番フックによく掛かったものです。

DSCN1128 - コピー

かろうじてボウズ逃れ。

水曜日は、曇り。

夕方は25℃以上あって蒸し暑い。中上流部のニジマス場所に。

平水位に戻って、居るべき処に魚が居る感じ。

DSCN1147 - コピー

白泡の下から10番のドライフライを追いかけて、ヘッド・アンド・テイルジャンプでドライフライをくわえました。

30㎝前後とサイズも少し大きめ。

DSCN1149 - コピー

このサイズを今回も3匹。

暗くなってウェット風に流していたら、モゾモゾという感触。

軽く聞きアワセでヒットするも、一気の走りで4Xティペットが切れました。これは大きかった。

さて、木曜日、金曜日はどうなるのか。それは後編で・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる