スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 悲願達成の22本目は77㎝で通算キャッチ率75%を死守 カーディナル77でコースフィッシング9回目

悲願達成の22本目は77㎝で通算キャッチ率75%を死守 カーディナル77でコースフィッシング9回目

日差しが強くなり、産卵が終わったばかりで、コイが釣れなくなっています。

通算9回目(スピニングで8回目)、火曜日の朝はボウズ。

通算10回目(スピニングで9回目)、木曜日の朝は足元のブッシュに入られ痛恨のバラシ。

これでスピニング、カーディナル77での20本連続キャッチは無くなりました。

でも、次にキャッチできれば、通算キャッチ率75%は確保できます。

バラシは厳禁。

重たい気持ちで雨の土曜日を迎えました。

雨なのでチャンスはあるハズ。

早起きせず、朝風呂に入り、サンドウィッチを3つ作って出撃。

開始は10時過ぎ。難しい清流での、夏の昼コイ釣りです。

小雨が降ったり止んだりする日。

IMG_0231 - コピー

12時頃ようやく小さいアタリが。

これを我慢すると一気にラインを引きだす本アタリのはず。

14時頃の小さいアタリを我慢できずに合わせてみるとヒット。

直ぐにすっぽ抜け。

リグを回収してみるとクワセエサは綺麗なまま。口に掛った形跡は全くありません。

寄せの練りエサを乗せるレセンが伸びきっていました。

これで判りました、クイッというアタリは、寄せの練りダンゴにアタックしていたのです。

70㎝超えていれば一口サイズですから.丸呑みできるのでしょう。

このアタリをアワセずに、我慢して待てば本アタリになるのです。
(これは本当のバラシではなく、ノーコンテストのバラシ。バラシにカウントしません。一安心。)

寄せエサが少なくなったので、バナナと残りエサのドライフルーツを練り込みました。

これで勝負。

15時過ぎに小さい寄りのアタリ。アワセはしないで待っていると、一気にラインを引き出してヒット。

これはバラスわけにはいきません。

ランディングしたのは産卵を大分前に終えたコンディションの良い77㎝。

IMG_0227 - コピー

これで一安心。

その後、帰り道に渓流FFをしようと思っていましたが、小雨が降り出したので、2投だけ延長するもアタリなし。

撤収したらいつものようにコイが集まってエサを食べていました。

お見送り有難う。1本だけでも釣れてくれて有難う。

7時間もやってしまいましたよ。

IMG_0235 - コピー

僕の清流コイ釣りは全て独学。雑誌もネットも見ませんが、現場で試行錯誤しながら3年目でようやく、腕を上げた感触を実感しました。

スピニングでは19連続キャッチ。20連続キャッチは出来ませんでした。

でも、これで夏のコイ釣りは昨年まで67%だった通算キャッチ率を75%まで上げた状態をキープできて一安心。

ひと段落したので、これからは夏アナゴ夜のちょい投げ釣りとイブニングの渓流FFがメインになります。

シケや雨の日は、9月上旬までは、コイ釣りしかありませんけどね。

これからは釣り方を工夫し、いろいろ試してみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる