スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ハチマルも出た、今期18、19本目、キャッチ率(暫定)95% カーディナル77でコースフィッシング6回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチマルも出た、今期18、19本目、キャッチ率(暫定)95% カーディナル77でコースフィッシング6回目

先週の日曜日、コイ釣り。

今期のコイ釣り、初回に1本バラシの後は破竹の17連勝。

あと2本で20分の19、つまり95%のキャッチ率。

過去2年は52分の35本で67%のキャッチ率。

累計すると67%が75%まで上がるのです。

つまり、67%、3本に1本はバラシていたところ、4本に1本になるのですね。

19本まであと2本。ただし2本を連続キャッチすることが絶対条件。

バラシは許されません。1本バラシた時点で、1本キャッチしても、今期(暫定)90%のキャッチ率に下がります。

これは過酷なハンディキャップマッチ。

1カ月間の産卵期、最後の産卵が始まったようです。オス鯉は産卵前のメスを追いかけてアシの茂みに集まっています。
これでは釣れる可能性のある魚は少ないでしょう。

期待の第1投。朝一番に釣れなければ苦戦は必至。

コイが潜む、水草の際にリグを投入。

40分経過し、待望のヒット。これは、かなり走りました。

川の中にある障害物に入り込もうとしますが、なんとかかわしてランディング。

素晴らしい体型の68㎝。
今期、一番美しい写真が撮れました。

IMG_0162 - コピー

これ以降、コイの寄りはあるのに、アタリが止まります。

1時間半も経過しましたが、アタリもサワリもありません。予想通り。

日が射し始め、魚が水草の中に隠れていきます。

そこで、投入ポイントから数メートル外してキャスト。

これは、やる気のある魚だけが寄って釣れるかも・・という思惑。

一度、食いアタリがありましたが、すっぽ抜け。
再投入せず、リグをそのままにして粘ると、8時過ぎにようやくヒット。

これは重いし走りを止めることができません。魚を追いかけました。
無理に止めると、口切れしたり、ハリスが切れます。

一時は水草の中に入り込まれますが、竿を高く上げて潜らせないようにコントロール。

魚が出てきたところで、変形ポンピングで寄せます。

普通のポンピングは竿を下げて糸を巻き、立てて寄たり、前後に移動して巻きと寄せを繰り返しますが、今回は、竿を立てたまま、
ヒンズースカットのような動作。

しゃがむ時、腕を曲げて竿を下に、つまり竿の上下運動を繰り返しながら、下げる時に僅かな量の糸を巻き続けます。
これならコイが底に潜ることも無いし、非力なスピニングでも両軸のように、じわじわと寄せることができます。

寄せてから、何度も走られましたが、なんとかネットイン。

IMG_0165 - コピー

82㎝でした。

カーディナル77スピニングのコイ釣りはバラシなしの17本目。通算20ヒットで19本。

今日の釣り、目標をクリアーしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: >のむ子さんのキャッチ率って・・

>のむ子さんのキャッチ率って「魚鬼」とか「巨虹」でしょうか。ファイトだけで満足できる魚ですね。(僕も一度かけてみたい)。
コイの場合は、朝マズメ時に1~2本の釣り。時間当たりのヒット数が少ないのでバラシは痛いです。

キャッチ率でっか、、、(汗)


今まであんまり考えたこと無かったですが、そういへば自分わあんまり高くないのに気づいて愕然としました。むむむむ(;´д`)


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる