スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 難しい清流の昼コイ釣りに挑戦 カーディナル77でコースフィッシング4回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい清流の昼コイ釣りに挑戦 カーディナル77でコースフィッシング4回目

このところ、ほぼ毎日、朝はコイ、夕方は渓流FF。なので記事が滞っています(笑)。

先週の月曜日、午前中に強い雨が降りました。

夏の雨は清流での鯉釣りにはベスト。

仕事を早めに終えて、釣り場に向かうも、雨が上がって強い日差しが差し込んでいました。

コイが潜む繁茂し始めた水草の際に延々と投入するもアタリ無し。寄りの気配も無し。

DSCN0916 - コピー

17時過ぎ、待望のヒット。これは逃げられるわけにはいきません。

水温も上がって、激しい走り。

慎重にやり取りして、釣り上げたのは太く、綺麗な健康的なコイ。

DSCN0914 - コピー

78㎝。傷の無い綺麗な魚体にほれぼれ。

DSCN0912 - コピー

難しいけれど、清流の景色も気分も楽しい、昼のコイ釣り。

今期初の1本です。

翌日は太陽が上がった6時から1時間。

木陰に投入してみます。

IMG_0105 - コピー

7時近くになってヒット。

あまり引きません。

ネットインして見ると、背中のウロコが痛んで弱り気味。

痩せた病的な68㎝。即、リリース。

IMG_0100 - コピー

3年前にコイ釣りを始めた1回目は、サケ用のナイロンネット55㎝枠を使いました。

その時、ウロコが剥がれて魚体を痛めることが分かったので、以降、70㎝のラバーネットを調達し、使っています。

写真撮影用のコイマットを使っても、ナイロンネットの使用のランディングでは魚を痛めると思います。

ラバーネットならコイマットとしても使えるのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる