スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 66㎝2本で判ったライン根ズレの理由 カーディナル77でコースフィッシング2回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66㎝2本で判ったライン根ズレの理由 カーディナル77でコースフィッシング2回目

先週の土曜日、前日の朝コイ釣り、夕方の渓流FFに続いて、朝コイ釣り。

前日と同じ5時開始。

曇り空。

IMG_0036 - コピー

今回は3投目にようやくアタリが出ました。

ここは慎重に、下流に走らせてランディングポイントまで誘導。ラインを余り張りません。

ところが、前日のハチマルと同じように、水草帯に入られてしまいます。

上流に移動して強引に寄せてみると、なんとか引き出すことができました。

まずは66㎝。

IMG_0034 - コピー

判ったのはラインテンションを緩めると、中層で走っていたコイは川底の潜ってしまうことでした。

糸を川底に這わせるための沈めオモリがリグに移動する途中は竿先とコイの中間にあって、ラインは「逆さ”へ”の字」になるので、ラインを緩めると底近くでに平行になってしまい、緩めると底石に引っ掛かってしまうのでした。

つまりショートロッドの場合、ファイト中は竿先を高く上げてテンションをかけて、ラインを斜めにすることが必要だったのです。

そうすれば、コイは底に潜らず、走ろうとすれば走るほど浮いてきますし、糸は沈みません。

5投目に、2回目のヒット。

竿先を上げてやりとりをします。かなり走らせましたが、糸の根ズレは無し。

ランディングしたのは同じく66㎝。

IMG_0039 - コピー

少し、進歩しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる