スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ホームグラウンドで久々に・・両軸投釣りとルアー(前編)

ホームグラウンドで久々に・・両軸投釣りとルアー(前編)

水曜日、終日風吹いた日の夕方.

このところ満員御礼が続いたホームグラウンドはガラ空き。

混み合う場所での釣りは僕はスルーし、渓流FFでニジマスと、ルアーでメバル釣りばかりでしたが、

ホームグラウンドに戻り、3週間ぶりに両軸リールで投釣りをやることにしました。

横風を受けてオモリが時々横移動する位の風速。

数は釣れないけれど大きなカレイを釣り上げる可能性が高いので、釣りが楽なベタ凪よりも、僕は好む条件。

DSCN0518(2).jpg

いつもの通り1時間で延べ4投し、1枚ナイスサイズを釣りあげればOK。

18時開始、1投目からアタリが出ました。

アワセをして寄せている最中に、もう1セットにも大きなアタリが出て、両軸リールから糸が引き出されてジーッとクリック音が何度も鳴ります。

2セットとも、同じサイズ30㎝を少し超えたイシガレイで丸セイゴ20号のハリを丸呑み。

DSCN0515 - コピー

止むを得ずキープ。

2投目以降もアタリが続いて同じサイズを2枚。これは1枚だけリリースできました。

30分延長します。

薄暗くなって、最後は、ソウハチカレイ32㎝。これは船釣りで釣るサイズ。

DSCN0523 - コピー

延べ8投で、まずまずのサイズ5枚。このサイズの活性が高いと、投げ釣りも面白い。

多少底荒れしているのか、最後は3m位の・・・・・・昆布をウィンチ風にブッコ抜き。

DSCN0525 - コピー

足元の海面を見ると、海藻帯に何かが産卵したかのような痕跡。

そしてこのサイズのソウハチカレイが寄っているということはイワシを追っているという徴。

急いで帰宅し、夕ご飯を取ってから、再びホームグラウンドに出撃することにしました。

ホームグラウンドでのソイ釣り、初出撃です。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる