スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ “ご飯茶碗”と“汁椀”だけで、アイナメの“和食をフルコース”

“ご飯茶碗”と“汁椀”だけで、アイナメの“和食をフルコース”

春アイナメは本当に旨い。

2本釣りあげたナイスサイズ、半身とアラだけ残っていたので、これで和食のフルコース。

初めは、お造りの洗い。

洗いで生臭みを取り、冷蔵し、身をシメました。

DSCN0310 - コピー

ピンク色しています。

岩塩を振りかけて。旨い!・・少しだけワサビ醤油で。これも旨い。

身が柔らかいハズのアイナメなのに、身のキメが細やかなのに、固く締まり、脂が乗っています。

続いて、アラと昆布で出汁を取り、塩と酒少々で潮汁。

これに、片栗粉を少々入れて、のっぺい汁風に。

“具”には“片栗粉をはたいたお造り”も入れます。

DSCN0319 - コピー

残った潮汁は、・・・

カツオの“おにぎり”の上に注いで、汁かけご飯にしてから・・

DSCN0321 - コピー

“ぶぶあられ”と“みつば”、その上に、“洗いのお造り”を少々乗せます。

DSCN0327 - コピー

お造りが!!・・初めは“霜降りの魚シャブ”。

熱が通れば“チリ鍋”。

最後はワサビ、醤油を少々加えて“仕上げのおじや”

“ご飯茶碗”と“汁椀”だけで“アイナメの和食フルコース”になりました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: アイデアまるごと頂きました。

>鎌海豚さん・・フグ、カワハギ、など白身なら、どれもいけそうですね。サバフグでも極上な家庭料理のフルコースになることでしょうね。

アイデアまるごと頂きました。

冬に店頭に並ぶ、身欠きのシロサバフグで試してみたいと思います。
フグ界の横綱、トラフグには及ばないかとは思いますが、”てっさ”冷めにくい”潮汁”、”てっちり”締めの”フグ雑炊”と贅沢に楽しめそうです。

勿論”てっさ”は柳刃、蛸引ではうまく引けません、河豚引包丁が必要です。
私は、8寸霞仕上げを愛用しています。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる