スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ハマエンドウの開花、ナガヅカの産卵で海が変わった

ハマエンドウの開花、ナガヅカの産卵で海が変わった

砂地の海岸でハマエンドウの花が咲き始めました。

DSCN9988 - コピー

写真は、ハマナスの群落の中に咲き始めたハマエンドウ。

DSCN9980 - コピー

ハマナスに守られて、風当たりが弱く、いち早く咲いたのです。

DSCN9983 - コピー

海岸の崖付近では、小洞燕(ショドウツバメ)が飛来し、営巣を始めています。

家の直ぐ近くのホームグラウンド、このところ雨が多く調査は1日おき。

ここ数日、足元の海藻に白くネバネバしたモノが絡まっています。

これは巨大ギンポ、ナガヅカの卵。

昨日釣り上げた今期3本目のナガヅカ(メス)は、お腹がペチャンコ。

DSCN0009 - ナガヅカ


この卵を食べに小魚が寄り、小魚を食べに魚食性のある魚が寄り始めました。

魚食性の魚といっても北国では、青モノではなく根魚が多いのです。

ソフトルアーを投げて、海面から1m位の上層を引いてみると、海底に潜むはずのトゲカジカ(キングスカルピン)が釣れちゃいました。

DSCN0002 - カジカ

海の中ではお祭り状態のようです。

DSCN0006 - カジカ

ここ2年の日記を見ても、これを境に、“裏ドラード”タカノハカレイの良型が釣れていますし、ソイ類、ソウハチカレイやアナゴの岸寄りも始まります。

夕暮れ時、渓流にフライフィッシングに行きたくなる時期なので、海・川どちらにするか悩ましい季節になりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる