スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 46㎝イシガレイを両軸リールとサンマエサの投げ釣りで   ~余裕のエキシビションと考察~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46㎝イシガレイを両軸リールとサンマエサの投げ釣りで   ~余裕のエキシビションと考察~

平日の夕方、短時間で良い釣りをしてしまうと、休日には長時間の釣りをしたくなくなるし、しっかり休養し、用足しもできる。

夕暮れ時、アングラーが帰った頃、1時間ほどの定点調査。

DSCN0048 - コピー

地味な投げ釣りも、定点で定時にやっていると、産卵やナブラを見つけたり、いろいろな発見がある。

遠投師達がスルーする浅い場所では、18時から19時の間、よほどのシケや低活性でない限り、魚の大小は別として、ダメな日でも必ず時合いがあって1~2回はアタリがでます。

沢山の超小型に交じって、大きい魚も居るのです。

DSCN0026 - コピー

カレイの活性が高まるのは朝夕の食事時ですけど、水深によって、その時間帯が変わります。

少し深い場所では日が陰りはじめた時、浅い場所では日没寸前から直後。

理由も考えずにスピニングリールで遠投すれば沢山釣れると単純に信じている遠投師達が釣れなくなって撤収し、釣り場は空いた時間が僕の釣りタイムというわけ。

て横風が吹きスピニングリールでは糸フケが出て釣りにくくなる条件でも、よほどの大シケでない限り、両軸リールなら糸フケが出ず、釣りができます。

DSCN0027 - コピー

海の季節は陸の1~2カ月遅れで推移するのは良く知られた事。

僕の住む北国の5月上旬は、好調は不調の差が激しい時期。
シーズン早々から始めたアングラーが数釣りに飽きて、釣り場にアングラーが減り始める。
この時期は大物のチャンス。

ここ数日のシケで底荒れが続いて不調だったホームグラウンドでも、夕暮れ時の定点1時間調査では30㎝級のアベレージサイズが土曜日に1枚、日曜に1枚と上向いてきた。

どうして1枚かというと、1時間で2投位しかしないから。

土曜日

DSCN0022 - コピー

日曜日

DSCN0040 - コピー

月曜日、近くの海面に追われた小魚の跳ねを見つけました。

日没直前、釣り上げたのは46㎝のイシガレイ。

DSCN0042 - コピー

ヨンゴーサイズ今期3枚目。余裕のエキシビション。

DSCN0045 - コピー

両軸リールだし、すっぽ抜けの無い大ハリなので、最後はウィンチみたいに、ぶっこ抜きしました。

イシガレイはi基本的に雑食ですけど魚食性もある魚。

仕掛けは、いつもの胴付。
ハリサイズは今年は更に大きくして20号。小魚が掛らなくてグッド。

竿はグラス素材、ファーストテーパー。11ftと13ft。
スピニング仕様ですけど多点ガイドなので両軸リールにも兼用できます。
つまり本格的な両軸専用のモノではありませんけど、僕にはこれで十分。

塩サンマの切り身エサ。
大エサなので、あまり糸を張らず、糸の動きでアタリを取るようにしています。

今年の実釣り時間は昨年の半分、一昨年の四分の一。
比例して釣った魚の数も少ないですけど、大きい魚の数は一昨年・昨年よりも多く、大型を釣る確率が、ぐんと高くなっています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる