スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 巨大ギンポ、ナガヅカのお造り、4種の薬味で味比べ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大ギンポ、ナガヅカのお造り、4種の薬味で味比べ


巨大ギンポ、ナガヅカ料理、つづきです。
今回は和食。

DSCN9954(2)ナガヅカ

捌くと雪のように白く透明感のある身で全身エンガワみたいな食感。

やはり、ここはお造り。
4種の薬味で味比べをしてみます。

DSCN9992 - コピー

今回のご飯は、白米に少しだけ玄米を混ぜて炊きました。

ワサビ醤油の他に、3種。
本物のワサビと吟醸の酒粕だけを使ったワサビ漬け。
西洋ワサビとか山ワサビと呼ばれるホースラディッシュの醤油漬けと味噌漬け。

DSCN0035 - コピー

ワサビと醤油は定番の美味しさ。

DSCN0036 - コピー

続いて3つの薬味。

DSCN0037 - コピー

ホースラディッシュの醤油漬けはこれだけでご飯に合うので、さらにグレードアップ。
ワサビ醤油より粗野というか野生的な味。

そしてホースラディッシュの味噌漬けは、口の中で“なめろう”になりました。
これはi珍味!新しい味を発見。酒のアテには抜群。

ワサビ漬けは、なんとまあ上品な味わいでした。行ったことはないけれど高級料亭の味かも。

つまり、どれも美味しかった。

最後は、昆布と中落ちで出汁を取り、片栗粉をはたいた腹身を入れた澄まし汁。
薬味は柚子胡椒。

DSCN0033 - コピー

これも、身と皮が“ふわふわ”に仕上がり、ベリーグッド。
ほんのり脂も浮いています。

もう1匹あるので、次は天ぷらかなぁ。

苦労しがいのある魚です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 赤身魚では

>鎌海豚さん・・こんばんは!
いつも興味深い情報を有難うございます。
白身魚でも試してみますね。

赤身魚では

定番のカツオ、マグロ漁師流の薬味。
マヨネーズ、マヨネーズ醤油も試してみたいですね…
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる