スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ FFトラウトとソイ・メバルのダブルヘッダー(後編)

FFトラウトとソイ・メバルのダブルヘッダー(後編)

カンツリFFでゴーマルのニジマスを釣り上げた直儀の天候急変で撤収。

これが幸いで、自宅休憩も、早い晩ご飯も、そしてベストの立ち位置も確保できました。

DSCN0170 - コピー

狙うは30㎝オーバーのみ。

圧倒的に個体数が多いメバルは産卵モードで低活性になりつつあるので、個体数の少ないソイのチャンス。

チビメバルが掛からないように、大きめのソフトルアーを左ハンドルのベイトリールで投げます。

ただ潮回りが悪い。新月大潮で活性が上がるハズの時間帯にソコリの干潮。

つまり、短い時合いの一発勝負。

暗くなってから、まずはナイスサイズのメバル。

DSCN0173 - コピー

今夜はこれじゃない。

ゴンという強いアタリで、まずは30㎝。

DSCN0176 - コピー

続いて、僅かに大きいけれど、同サイズ。これで時合いは終わった。

DSCN0178 - コピー

しばらく粘っていると、短い時合いがあって活性があがったよう。

チビメバルのコツンというアタリが続きます。

もちろん掛かりません。

そして、ドスン。

今度は、一回り大きいサイズ。

DSCN0181 - コピー

今期のソイメバル釣り。

まずは第一目標の30㎝オーバーをクリアしました。

40㎝とか、サイズアップは釣行回数と運でしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 北方は・・・


>鎌海豚さん・・そちらは青モノと始め色々な魚がいて楽しみですね。タコは美味しそう!
僕の処は、魚種が少ないですけど、アングラーも少ないので“のびのび”やってます。マンネリ防止を意識しつつ。

北方は・・・

ロックフィッシュ天国のようですね、メバル、カサゴ、ソイ、アイナメなどの大型根魚の個体が多く、ベイトタックル得意のパワーファイトが大いにできますね・・・

私の住んでいる九州北部は、アイナメの個体数が激減して釣れなくなりつあります。
代わりに、南方系のキジハタ、アカハタ、アオハタ、マハタ、クエ、オオモンハタなどのハタ系の根魚が分布を広げつつあります。

これも地球温暖化の影響なんでしょうかね・・・

私も本日、未入魂のベイトロッドを携えて釣行し、マダコで無事入魂を済ませてきました。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる