スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ メバルのパルメザンチーズムニエルをベシャメルソースで

メバルのパルメザンチーズムニエルをベシャメルソースで


このところ、僕は訳あって、シチュー系の煮込み料理にハマっている。

骨付きバラ肉とか使っていたけれど、ちょっと肉には飽きてきました。

そこで、先日釣り上げたナイスサイズのメバルに、胡椒とパルメザンチーズも振りかけて、小麦粉ではたいてムニエル。

メバルムニエル1
オリーブオイルとバターを混ぜてこんがりとフライパンで焼きます。

ソースは、メバル中落ちの出汁も混ぜたベシャメルソース(ホワイトソース)。

ソースは塩分を控えめに作ります。

そして盛り付けてから、もう一度パルメザンチーズを振りかけて、白ワインと一緒に・・・・。
口の中では、薄味でクリーミーなソースが、パルメザンチーズの濃い塩分が混ざって程よくなります。

魚の皮はカリカリ、身はジューシー。

メバルムニエル2
 
今回は、手抜きで、ミックスベジタブルを使い、彩りをしてみました。

簡単なのに、美味しかった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 淡水魚・・・

>鎌海豚さん チーズ臭の強いパルメザンは、匂いが独特な川魚にも合いそうですね。欧州の内陸ではコイを食べてますよね。

淡水魚・・・

私は、外来淡水魚のオオクチバス、ブルーギル、カムルチー等も調理して食していますが、淡水魚特有の臭気を消すのにうってつけの調理法のようですね。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる