スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 疲れたミッチェルたち・・オールドタックルへの熱き想い

疲れたミッチェルたち・・オールドタックルへの熱き想い


フランスのスピニングリール、ミッチェルといえばウルトラライトクラスの308や408だけが日本では人気がある。

投げ釣りなどでは全く忘れられた存在。

3年前にミッチェルの中大型インスプール・スピニングで投げ釣りを始めて、このリールの面白さを知りました。

僕にはツキも呼び込んでくれる、ゲンの良いリールです。

これまで、投げ釣りではゴーマル級のカレイをブッコ抜いたり、ソフトルアーではⅠkgサイズのソイ、昨年はスプーンルアーでサーモンも釣り上げた。

写真は、今期の投げ釣りに使うために手に入れたミッチェルのインスプール、大型スピニングで、ミッチェル最大のモデル。(小さい方は408。)

ミッチェル大小

大型ソルトウォーター302/402よりも一回り大きい。・・これは近々記事にする予定。

実は、ミッチェルを使い始めるきっかけになったのは、あるベテランアングラーのHP。

最近、更新が途絶え、リンクが無くなっている。

もしや・・とも思うが、真実は知らない。

ネット上から消えてしまう前に、紹介しておきたい。 

僕がいろいろな釣りにオールドリールを使う基本的な想いと、ほぼ同じことが書かれている。

いやそれ以上です。読んでみて、きっと良かったと思いますよ。 

引用:機能面やインスプールタイプ自体の構造をとやかくいう人も多いが、人間くさい素朴な暖かみのあるデザインは永久であり、それ故に半世紀以上も頑固に守られてきたわけで、他に類を見ない。

「疲れたミッチェルたち“ミッチェル”というなつかしいリール」

上記の記事の続き
   ↓
引用:最近の釣り具、どうして妙にメタリックな外観なの?
「フフッ、アンタに買わせるためさ」 

「“釣り人は釣られている・・利益追求”」


オールドタックル好きの方や、ミッチェルファンばかりでなく、多くの人に、是非、お読みいただきたい記事です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる