スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 1月最後の日曜日 奇跡のナギで出撃

1月最後の日曜日 奇跡のナギで出撃

1月の2週目と3週目は強風でシケ、しかも雪。 

暖冬傾向なので、しかたありません。、

2週目の3連休、夕方の投げ釣りはこんな空。



2投で撤収。アタリ無し。



直ぐに雪まみれです。



翌日、ショートロッドの釣りも30分で撤収。



3週目は釣りはおろか、外出すらしませんでした。

それでも、魚のスモークを使った男の料理で、結構、充実。

さて、1月最後の日曜日。

前日の土曜日夕方から風が収まり奇跡のナギ、そして晴れ。

日曜日の午後から出撃。
(翌、月曜日から天気が崩れる前の疑似好天なんですね。)

とはいっても、1月中旬からは、海は冬モード。

水温も下がるし、海水も透明度を増します。

釣り場は水深5m以上あるのに、晴れた日中は海底が丸見え。

つまり厳しい状況。

こうなると3月上旬位まで、何も釣れなくなるんです。

冬アイナメのラストチャンス。

予想通り、15時からソフトルアーを投げるも、全くアタリなし。



今年の1月は訳あって夜釣りが出来ないのですが、日没から1時間ほど粘りメバルを狙います。

日没時が満潮、潮止まりなので、本当は2時間もすれば時合いで釣れるはず。



ナイスサイズのメバル3匹を釣り上げて、急いで帰宅しました。



かろうじて、ボウズ逃れ。

釣りが出来ただけで十分。

時合いへの未練はありません。

釣り上げたメバルは、あるレシピを試作する食材になります。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる