スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 燻製入りのパスタ! ペペロンチーノ ペシェ・アフミカート 絶望のパスタから希望のパスタに大変身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燻製入りのパスタ! ペペロンチーノ ペシェ・アフミカート 絶望のパスタから希望のパスタに大変身

パスタ、“ペペロンチーノ”のアレンジです。自家製燻製を使っています。 



パスタのレシピ、通称ペペロンチーノは、正式には“スバゲティー・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ”。

ニンニクとトウガラシ(鷹の爪)だけ使ったシンプルで美味しいスパゲティー。

ウィキではこう書かれています。
=============
「スパゲッティ」
スパゲッティ(イタリア語: spaghetti)は、イタリア料理で使われる麺類であるパスタのひとつで、紐のように細長いものをいう。
(中略)
現在までに発見されたヨーロッパで最も古いスパゲッティの遺物は、チェルヴェーテリで紀元前4世紀のエトルリア人の墓から出土したものである。
イタリア語で、アーリオはニンニクを、オリオは油(特にオリーブ・オイル)を、ペペロンチーノはトウガラシを意味する。これら3つの素材をソースに用いたパスタ料理を指す。

「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」
パスタとしてスパゲッティを選んだものがスパゲッティ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノである。
材料と作業工程の少ないシンプルな料理なので素材の質と料理人の技量が味に直結する料理でもある。
イタリアの家庭で頻繁に食べられるがイタリアのレストランなどのメニューに並ぶ事はあまりない。
わずかな食材しかない"絶望的な"状況でも作ることができるので「絶望のパスタ」などとユーモアを込めて呼ばれることもごく稀にある。
==============(引用終わり)

ちなみに燻製はイタリア語でアフミカート。

燻製魚 pesce affumicato ペシェ アフミカート 
燻製肉 carne affumicata カルネ アフミカート

思いついたレシピはこれ。

スパゲティー・ペペロンチーノに燻製のホタテ貝を唐辛子とニンニクと一緒に炒め、皿に盛り付けしてから、海ニジマスの燻製を添えました。

目論見通り、濃いスモークフレーバーのスパゲティー・ペペロンチーノは抜群の美味しさ。

飾りのトッピングに使った燻製ニジマスよりも、燻製ホタテ貝の味が主役になりました。

妻は、このパスタ、見た目も可愛らしく、美味しい、と評価。



イタリア語で・・ino とか・・ina が語尾につくと、小さいとか、かわいいとか、お茶目な、といった意味合いの愛称になるそうです。

五十鈴工業のスピンキャストリール“PICCHINO1”(ピッキーノ)とか、

あの“Cicciolina”(チッチョりーナ)とか(笑)

ちなみに、“Ciccio”は“お肉”、転じて、“デブ”

命名!

スパゲッティ・ アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ・ペシェ・アフミカート“リーナ”

これは、家庭でできる、希望のパスタです。


“激辛解説、唐辛子まぶし”の“遠投釣吉さん”にも味わってもらいたいです(笑)。

♪アモーレ♪、アモーレ♪、アモーレ♪(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる