スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 暫しの休憩 ハクチョウの親子

暫しの休憩 ハクチョウの親子

土曜日、発達する爆弾低気圧の移動で一時的に南風で気温が上がり、夜は強い雨。

翌、日曜日、雨は早朝には止むも、風向きが変わり冷たい北風、烈風。

近くの大河川周辺は雪が溶けてしまいます。

曇り空の薄暗い朝、川辺に行ってみると・・・、

数は少ないものの、シベリアから南に渡るハクチョウ達が休んでいました。



灰色の鳥は、この春に生まれたハクチョウの幼鳥。



成鳥は雄と雌のつがい、そして3羽の幼鳥、ファミリーでしょう。

ゆったりと泳いでいました。

ハクチョウは、”つがいの夫婦”になったら、一生添い遂げるそうです。

毎年、子孫を生んで育てるのです。


晴れの日は、近くの田や畑で、落ち穂拾いをしています。

南方に渡るための栄養補給を終えたら、旅立っていきます。

午後からは、大雪。

今回の雪で根雪になるでしょう。

しばらく我慢の日が続きます。

ハクチョウも僕も暫しの休憩かな・・。

翌日からは、再び、”ハクチョウ”のような雪景色に戻りました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる