スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 14夜話 12月の初釣りは、スプーンリグのスピンキャストでナイスなカジカ

14夜話 12月の初釣りは、スプーンリグのスピンキャストでナイスなカジカ

12月最初の休日。

早朝の気温はマイナス4℃。

寒い、しかも、ワオ! また強風とシケではないですか。

早起きしたのに、出撃は断念しました。

日中も零度前後。

午後、少し風が弱まったので、風の聖地“コルコバード”に直行します。

そこは、成人して独立した末娘と親友、二人のフェアレディーを、10月に釣りガイドした思い出の釣り場。

ウキウキ気分で鼻歌。

もちろん“カム・レイン オア カム・シャイン”

アニタ・オデイで

Anita O'day-Come Rain or Come Shine 


途中、地元の釣り少年が自転車で同じポイントに向かっていました。

追い越して、彼が到着してから歓談。

大潮、満潮。

外海は大シケ。

湾胴にもウネリが入ってきます。


まるで東映のオープニングみたい。

自然の猛威・・・横殴りの風、”仁義なき戦い”に挑みます。

まだ明るいので、投げ竿を2本セットするも全くアタリなし。

少年は30分くらいで撤収。

なにせ風が強く、寒い!

日が暮れてから、12月本命のショートロッド、スピンキャストリールをセット。

スプーンリグのちょい投げで、探り釣り。

リフト&フォールで足元を探ります。

一気に潮が引いていきます。これはチャンス。

数投目に鈍く重いアタリ。

寄せてみると、かなり大きいカジカ。

ブッコ抜きました。

トゲカジカとかマカジカと呼ばれる一番美味しいカジカ、キングスカルピンです。

38㎝とまずまずのサイズ。




お腹がパンパンです。
(帰宅してから捌いてみると、抱卵していました。カニも3匹入っていました。)



凄い顔つき。



まずは生きシメ。

カジカ類はこれが大切。

12月のショートロッドの釣り。

第一関門クリアーです。

小雪がチラついてきたので、即、撤収。

帰りも鼻歌交じり。

行きと同じ、“カム・レイン オア カム・シャイン”でしたよ。

記事の締めは“BBキング&エリック・クラプトン”で渋く。

Come Rain or Come Shine - B.B King / Eric Clapton 


道路は白くなっていました。

(関連記事)
==============
スピンキャスト屋台ショットバー第13夜、マイ・フェア・レディーと釣り明かそう・・”踊り明かそう”


==============
(「スピンキャスト屋台ショットバー」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
スピンキャスト屋台ショットバー カクテル・メニュー 一覧
==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)
 ↓
釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる