スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ RECORD/ABU 2100 Sport・・アンバサダー5000番で再現してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RECORD/ABU 2100 Sport・・アンバサダー5000番で再現してみた

RECORD/ABU 2100 Sport 

1950年代から1970年代まで販売されていた、飛距離競技用の小型両軸リールです。


(Vintage Fishing Reels of Sweden )

あのアンバサダーに先だって、遠心力ブレーキやオートリターンクラッチを装備しています。


(Vintage Fishing Reels of Sweden )

後に、平行巻き機構を備えた、アンバサダー5000の前身となりました。

スエーデン王室のエンブレムもこのリールが始まり。

大昔、RECORD2100が、日本版カタログにも掲載されていましたけど、まず売れなかったのではないかと思います。

このリールの真価、当時の日本では理解不能だったでしょう。

今はとてもレアで入手困難。

そこで、同サイズの5001番をメンテをした折に、3号ナイロンと力糸15mを巻いて、投げてみました。
(本当は4500番が、ほぼ同じサイズなのですが)



砂地の海岸は、久しぶりに晴天で無風。

使った竿は、米国メーカーの黄色いグラス素材のサーフロッド、11フィート 2本継。(ただし中国製)

普段は、27号錘で着地投法か垂らし投げで、竿先に負荷をかけてボヨヨ~ンと投げている黄色い竿。

まずは、ウォーミングアップ。

今回は23号と25号と軽くして、“ふつうのたらし投げ”、続いて“着地投法”V字投法とも呼ばれます。

しばらくやってから、ペンデュラム回転投法。

最初はあまり”リキ”まず、リリースのタイミングとか、最後のロッドの突き上げの感触をつかみます。

なにせ久しぶりですから。

少しづつ、パワーを入れて、最後はフルキャスト。

まるでハンマー投げみたい。

フルのペンデュラム回転投法、こんな投げ方は、釣り人のいる処やバックスペースが取れない地磯とかでは、危なくてできませんから、当然、無人の砂浜。

“ふつうのたらし投げ”はいわば“助走なしの幅飛び”、“着地投法”は“少し助走付の幅跳び”、“ペンデュラム回転投法”は“競技の走り幅跳び”ですね。

飛距離競技のために筋肉トレーニングしているわけではないのに、まあ良く飛びました。

4色と半分ちょっと。

力糸分を足せば、飛距離は大体130mを数m超え。

(スピニングの実釣りでは、僕の場合、着地投法でMAX140~150m。これ以上遠くに投げようとして、ペンデュラム回転投法でカーボン竿を折ったことがあって、春から初夏に時々使っているカーボン竿4.2m30号では、もう無理なスイングはしません。)

あまり練習しているわけではないのに、グラス素材の11フィートでも、これだけ飛ぶんです。

小型両軸リールは軽いし、重いグラス素材とはいえ短い竿なので、素早くスイングできるので飛ぶのでしょう。

これで、欧米のサーフロッドが短い理由が分かってきました。

1970年代、カーボングラファイト素材の竿が無い時代に、

欧州では、ABU RECORD2100で220m投げたという記録があるらしいし、現在の日本でも、トーナメントキャスターは180mとか200m出しています。

当時と同じようなグラスロッドの装備で、僕が130m飛ばしたからといって、大した事ではないんです。

つまり、この位は誰でも出来るっていうこと。

問題は、糸の回収。

スプール軸近くまで放出されているので、時間がかかるし、海底の海藻帯を通過する時は、ハンドル回転が重くって難儀しました。

潮の早い処で三角錘とか、石底で根掛かり防止錘なら絶望的。

小型両軸はグラウンドでの飛距離競技にはグッドですけど、実釣りではちょっとどころか、とてもNG。

なので、実釣りの両軸リールはPenn200やABU7000。

ただし、実釣りでは、長めの竿で“ふつうのたらし投げ”。

釣り場によっては“着地投法”。

今回の練習で、いよいよ“両軸リールで実釣り仕様”のサーフロッドへのリメイクにも取り組む時が来たようです。

もしABU RECORD2100を手に入れることができたら、マジでトレーニングしてみたくなりますね。


(Vintage Fishing Reels of Sweden )


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・マグネシウム

>Fishboneさん
こんにちは
マグネシウムは後付けのようですね。
それだけ人気と実力があったのでしょう。

原作を知りませんが、360度はスゴイですね。
僕はそれよりずっと少なく、脱力系です。
それでも目が回りました。

2100はドラグが無いのでサケ釣りは厳しそう。
いつかは手にしてみたいですけどね。

1. 無題

Record sport 2100カッコイイですよね! 昔、釣友が持っていたのを見せてもらったことがあります。スプールがマグネシウム製で海釣りには使わない…と、友人が言っていたのを思い出しました。Mgスプールは別売のオプションだったのかな? てか、なみ平サン、2100を手にいれたら、来シーズンは鮭釣りに投入してください!(^^) 回転ペンデュラムは、もしかして360°フルターンですか⁈ 三平投げじゃないですか!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる