スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ボウズ確定寸前の“寸止め3連発”

ボウズ確定寸前の“寸止め3連発”

日曜日、海は久々に朝からナギ。 

ホームグラウンド周辺は、早朝、投げ釣りアングラーの姿を久々に見かけました。

一方、サケ釣りアングラーも、いまだ数多くいますが、不調の様子。

僕は、いつもの通り、午後から出撃です。

昨日、強風の中で頑張ったクロガシラカレイの場所へ直行。

15時少し前に開始。



チビアイナメらしきアタリが直ぐに出ますが、ノーヒットが3回続きます。
かなり低活性と読みました。

それもそのはず、満潮が16時頃。大潮なので、夕方のマズメ時にはあまり潮が動かないんですね。



セオリーの16時頃にも渋いアタリで“スカ”。

17時少し前から小雨模様。

少しづつ潮が引き始めました。

僕より、はるかに“ちょい投げ”の年配アングラーは小型ながらポツポツと釣り始めます。

やはりポイントを知りつくしたベテラン。

クロガシラカレイの投げ釣りは“むやみに遠投する”ことが秘訣ではないんです。

魚が居つく”ポイント”と”時合い”を知り、確実に仕掛けを投入し、じっくり待つことにつきます。

ボウズが確定と思いきや、真っ暗になったら“直ぐ”、最後のキャストで、ほぼ同時、2本にヒット。

まずは、小型クロガシラカレイ、24㎝の煮付けサイズ。

もう1セットの竿に小型アイナメ、26㎝。



小さいけど、釣れただけまし・・、と、自分を納得させようとします。

まあ、いいか・・。

写真を撮り終えて、その時・・、3本目の竿にヒット。3連続ヒットです。!

あまりにアタリがないので、実は、3セット目も出していました。

釣れない時はエサの消費も少ないのでね。

最後はクロガシラカレイ32㎝。

釣りたかった納得のサイズ。



このサイズは、身も厚く、一番美味しい!



ボウズ確定寸前の“寸止め3連発”となりました。

気持ちいい結末です。

地元の漁師さんの話では、漁港内で明日から‘しゅん渫“工事が始まるとのこと。

工事の位置の順番も教えてもらいました。

しばらくの間は、僕のクロガシラカレイの投入ポイント・・・、

なので、なかなか厳しかった晩秋のクロガシラカレイ釣りは、一旦終了。

昨年はクロガシラカレイ釣りを初冬まで延々と続けていたために出来なかった(やり残した)他の釣法やリグを“今年こそ”やり込む良い機会です。

冬将軍と、お大寒様がもうすぐやって来ますから・・・それまでに。

お越しになれば“両軸屋なみ平”が“ちょい投げで、ご接待”いたしますがね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・大潮で

>ぎりっちょさん
大潮で高潮位の時間が長い時は潮が動かず、満潮といえども低活性になりがちですね。ましてナギならなおさらでしょう。

しゅん渫工事をするとエサが無くなるので回復には1シーズンはかかると思います。
深くなるので、その後は良くなるかもしれません。

1. 無題

潮どまりに魚が釣れなくなるのは投げも同じなんですね。活性が低下するのでしょうかね。
しゅん渫工事の影響はありますか?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる