スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ サーモン・ワールド・リーグ戦 初代王者を認定!・・・Jazz on a Summer's Day

サーモン・ワールド・リーグ戦 初代王者を認定!・・・Jazz on a Summer's Day

お古館:「NAWFが開催する、サーモン・ワールド・リーグ戦。昨日、初代王者が決定しました。これから閉会式が始まります。解説は、お馴染み、イテテの遠投釣吉さん。よろしく。」

遠投:「僕は閉会式よりも・・。」



==========
お古館:「さて、いよいよ表彰・閉会式。どのような結果発表になるか。遠投さんの予想は。」

遠投:「僕は、打ち上げパーティーの、スモークサーモンを待ってます。」

お古館:「遠投さん!」



遠投:「あっ、赤いアンバサダー6000や韓国の黒覆面スピンキャストは有力候補でしょう。他にもいくつかの特別賞もあるようです。」

お古館:「さあ、いよいよ、始まります。」

遠投:「音楽も期待ですね。やっぱりJAZZかなぁ。打ち上げパーティーは、酒は温めの燗、肴は燻したサケだけでいいんですが。」

===========

お古館:「開会はデキシースタイルの音楽。あの有名な映画から引用しています。」

遠投:「これは出来過ぎですな。」

Jazz On A Summer's Day (Official Trailer)


Extract from Jazz on a Summer's Day - Newport jazz festival 1958


お古館:「では、今回の試合を振り返ってみましょう。」

遠投:「フライフィッシングと投げ釣りは、護岸工事などの影響で、できなかったようです。ことフライでは6回とも魚が全く寄らず、ロッドを振ることが無かったのです。英国の”J.W.ヤング”は涙を飲みました。」






これまでの試合結果

第1戦:ABUアンバサダー6000で3年魚、銀ピカ雄サーモンを初ヒット。

お古館:「スプーンに元々付いていたトリプルフックでしたね。」

遠投:「バラシの危険がありましたが、キャッチできました。」



第2戦:ABUカーディナル66で、4年魚、これまた銀ピカ雄サーモン。

お古館:「シェイクスピア・ワンダーロッドのデビュー戦でした。」

遠投:「ドラグ調整で苦労したようですが。シェイクスピア・ワンダーロッドは良い仕事をしました。」



第3戦:最強のスピンキャストリールABUMATIC290で、これまた4年魚、銀ピカ雌サーモンに完勝。

お古館:「これも綺麗なサーモンでした。」

遠投:「ABUMATIC290のファイトは安心して見ていられます。」






第4戦:リョービ ダイナファイトでサンマパッチン攻撃で巨大ブナ雄と対決。辛勝。

お古館:「このファイトは難儀したようです。」

遠投:「スピニングなのにローター逆転方式ドラグ。これがキワモノ過ぎました。」



第5戦:フランスの貴婦人ミッチェル300、銀ピカピカの雌サーモンでリベンジ

お古館:「ドラグ調整をかなりしていました。 。」

遠投:「ベイルにラインローラーの無いリールですから、緩めが有効です。」



第6戦:英国から凱旋帰国のロディージャイロ、ストロングスタイルで雌サーモンに圧勝

お古館:「これは良く飛びましたね。」

遠投:「ノンベイル・オートリターンのスピニング、手返しも良く、素晴らしい。日本製オールド・リールの傑作であることを実証しました。」



第7戦:イタリアからアルセド・エリー・2Cが初登場 銀ピカ雄サーモンに楽勝

お古館:「このリールのドラグはスムーズでした。」

遠投:「オシュレーション幅の短いウォームギヤのスピニングでは、一番の出来かもしれません。」



第8戦:ダイワ・ハイキャストNo.2,試合放棄寸前に逆転ハンドルで銀ピカ雌サケサーモン辛勝し金字塔

お古館:「これは、バラシの連発でしたが・・。」

遠投:「1サイズ小型がNo.1、この大型のリールがNo.2・・名称通りの性能です。」



第9戦:日没間際、突如乱入した韓国の黒覆面リールは長くも渋いファイトで銀ピカ雄サケをノックアウト

お古館:「オシュレートしない、大型カップのスピンキャストリールも善戦しました。」

遠投:「このリールでサーモン・フィッシングは普通あり得ません。」



第10戦:負ければ引退のペン5500SS ピックアップ寸前の寸止めでスマッシュヒット

お古館:「この寸止めは効きました。表層のヒットに持ち込みましたね。」

遠投:「そうです、やる気の無いサーモン相手の厳しい戦いでしたが、幸い5500SSは引退を免れました。」



第11戦:古参ABU444登場・・銀ピカ鼻曲がりの雄、ザ・サーモンとスプーンオンリーで激闘、勝利

お古館:「この古参リールは、エキシビション・マッチでも、かなり活躍しました。」

遠投:「ABUカーディナルよりも安心して、見ていられましたね。」



第12戦:出た!87㎝、赤いアンバサダー6000、エキシビションマッチが公式試合に認定!

お古館:「これは大きかった。」

遠投:「相手はスプーンを丸飲みし、ファイトも激しく、めったにみられない好試合です。」



エキシビション:おフランスのミッチェル、ジュニア・ヘビー級“306”・・銀ピカ雌サーモンに楽勝

お古館:「これは楽勝でした。」

遠投:「止むを得ずのデビューでしたが、投げ釣りで再登場してパワフルなファイトを見たいところです。」



エキシビション:スエーデンのABU軍団は スピンキャスト、スピニング、ベイトリール、いずれもスプーンオンリーのクリーンファイト

お古館:「これは良い試合でしたね。」

遠投:「ABU軍団のロッドとリールに、スエーデンのスプーン。白いご飯にイクラとワサビ、焼いた腹身だけの塩サケ、ベストマッチです。」






お古館:「さて、初代王者、他にべストバウト、クリーンファイトの発表。」

遠投:「僕の予想は、当たると思いますよ。」



お古館:「遠投さんの予想通り、初代王者はスエーデン国アンバサダー6000!!。」

遠投:「元々、サイドカップにチャンピオンのエンブレムが張ってありますから。サーモンフィッシングには鉄板のカール・ゴッチでしょうな~。ガール・ガッチョじゃなくて、サーモンね。」

お古館:「遠投さん、あれは王室御用達のエンブレム!」

遠投:「ダイナファイトにもエンブレムが張ってあるので、うっかりしました。」


お古館:「ベストバウトは韓国シルスターの黒いスピンキャスト! 」

遠投:「これも予想通り。反則技も3カウントまでOKの試合ですから。」



お古館:「クリーンファイトはイタリア国アルセド・エリー・2C!」

遠投:「衝撃のデビュー戦でした。」



お古館:「エキシビションのサーモンは殆どが、戦争難民支援や貧困諸国支援の資金として寄付されたようです。数は明らかにされていませんが、試合も含めて3割位とのことです。」

遠投:「ポリアンナ作戦です。だから、僕も買いたかったっていってるでしょ。」


お古館:「いよいよ閉幕。マヘリア・ジャクソンのようです。」

遠投:「あの映画でもトリのルイアームストロングの後、大トリの出演でしたね。僕もマヘリアのライブ全曲を収録したCDを持ってます。」



Mahalia Jackson - Everybody Talking' 'Bout Heaven, Didn't It Rain, Lord's Prayer Live @ Newport 1958



お古館:「最後は、詩の朗読。W・H・デイビスのキングフィッシャー“カワセミ”。」

遠投:「ノーベル文学賞の劇作家バーナード・ショウに見出された詩人です。」


キングフィッシャー
===========
君を生み、その美しい色合いを
残したのは虹だった。そして、
虹を生んだ母親の名前は涙だった。
だから、君にも同じ血が流れているのだ。
君は、寂しい水辺を好んで訪れ、
嘆くように枝を垂れる木と仲良くする

さあ、そのように美しい色をしているのだから、
緑の公園で、高慢なクジャクと一緒に暮らし、
輝く鏡のように滑らかな芝生の上で、
それぞれの羽根の模様を見せたまえ。
高慢な王たちの窓の前で、
枝に留まって羽ばたきしたまえ。

いや、美しい小鳥よ、君にはそんな
虚栄心はないよね、高慢な野心など。
僕も静かな場所が好きだ。
誰もやって来ない、緑のなかが。
寂しい水辺で、頭上で木が風にそよぎ、
心の底から溜息をつくようなところが。

(引用:「釣り師の休日」(飯田操 編訳)より)



『釣り師の休日』Reflections by the Waterside・・水辺に輝く知恵の文学
============

お古館:「数週間にわたって繰り広げられた、NAWF・ワールドサーモンリーグ戦、オールドタックルのサーモンフィッシング、戦いのワンダーランド、1戦毎にリールが変わり、臨機応変、縦横無尽なアドリブJAZZファイトの連続!・・実況はお古館一郎、解説は遠投釣吉さんでお届けしました。」

遠投:「さ~て、打ち上げパーティー・・・。」




Salmon On A Autumn"s Day のダイジェストです。

==============
釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題・・スピンキャストで

>デイジーさん
こんにちは
スピンキャストでサーモンは、結構ハードでしたけど、楽しかったですよ。効率重視、漁獲量重視なら絶対手を出さない釣りを体験できました。

1. 無題

こんばんは
一連のシリーズひじょうに楽しく拝見させていただきました。
古いスピニングリールの活躍もさることながら、スピンキャスティングリールでもあんな大型魚を上げられるものなんですね、驚きです。
また面白い企画おねがいします!(笑
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる