スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 速報!出た87㎝6年魚・ポリアンナ作戦を敢行中のサーモン・ワールド・リーグ戦エキシビションマッチ

速報!出た87㎝6年魚・ポリアンナ作戦を敢行中のサーモン・ワールド・リーグ戦エキシビションマッチ

お古館:「NAWF主催、ワールドサーモンリーグ戦エキシビションは現在収録中ですが、緊急速報を現場からお届けします。実況アナの”お古館一郎”です。」 

遠投:「・・・・・・」

お古館:「赤いアンバサダー6000とアトランティック竿、スプーンオンリーのストロングスタイルで6年魚のサーモン、87㎝ががヒットしたというニュースが飛び込んできました。現地には解説の遠投釣吉さんが既に到着して、レポーターを務めます。遠投さん・・・。」

お古館:「遠投さん!」

遠投:「・・・・・・」

お古館:「遠投さん!」

遠投:「はいこちらは、遠投です。既に現場に到着しております。僕も取り込中です。」

お古館:「またサケ・イクラ弁当ですか。」



遠投:「失礼しました。レポーター冥利に尽きるゴージャスなお味ですた。脂の乗った腹身だけの塩焼き、最高ですぅ・・。コンビニのシャケ弁当は養殖のドナルドソン。これをサーモンだと思っている人も結構います。本物はやはり本物です。」

お古館:「海の様子はどうですか。」

遠投:「台風が来襲直前、強い風が吹き荒れ、海はかなりのシケ模様です。」



お古館:「海岸はどんな様子ですか。」

遠投:「3連休の人や年金組の人達が浮子ルアーを投げていますが強風で沿岸に濁りが入り、風に押し流されています。人影はまばらになってきています。」

お古館:「エキシビションマッチのリングとアングラーの状態はどうでしょうか。」

遠投:「はい、海岸よりもはるかに強い風で、アングラーは殆どいません。海岸から流れてきた濁り水が潮目になっています。その潮目の周辺で時折サーモン軍団がボイルしている状況です。」

お古館:「サーモン軍団の様子は?」

遠投:「海岸近くに集結したブナッシー達が沖目に避難し、銀ピカサーモンと混在しています。活性は低いようですが、時折スイッチが入りスプーンに反応していると思われます。」

お古館:「87㎝のサーモンのコンディションは。」

遠投:「はい、猛烈なアタックでスプーンを丸呑みしていたようです。シングルフック2本は、がっちり、上あごを貫いた模様です。」

お古館:「強風でキャストは出来るのでしょうか。」

遠投:「横風を受けて、スピニングでは糸フケが激しく殆ど釣りにならないようです。水面に向かってライナー気味にスプーンを打ち込んでいます。両軸リールでは糸フケはありません。飛距離は中投から近投です。」

お古館:「ヒットした状態は。」

遠投:「ABU444のメインイベントと同じく、底近くを引き、最後にスプーンを浮上させるときにヒットした模様で、根掛かりのようにハンドルが巻けなくなったようです。竿をあおると岩が動いているような感触だったとのことです。」

お古館:「相手のサーモンの状態は。」

遠投:「はい、全長87㎝、体高は4~5年魚の1.5倍、20数㎝もある、ややブナの雄サーモン。6年魚、体重は7㎏前後ある模様です。」



お古館:「凄い顔をしていますね。」

遠投:「普通は4年が中心で、6年魚は極くまれとのことです。」

お古館:「全体の姿を見せてください。」

遠投:「既にランディングしていて、撮影を終えています。」




お古館:「おお!これは大きいですね。」

遠投:「はい、私も見たのは初めて。驚いています。シロサケでは最大級と思われます。」

お古館:「中型のキングサーモン並みですね。」

遠投:「それは言い過ぎでしょう。小型なら分かります。」

お古館:「赤いアンバサダー6000は、数週間前の魚が少ない時に公式試合をして、元々付いていた小さなトリプルフックのままのスプーンで3年魚の銀ピカ雄を釣り上げていますね。」




遠投:「アンバサダー6000番だけ、条件不利の中で釣り上げました。コミッショナーには、同一条件の釣りとして、“今回の魚を公式試合に”と申し立てしているようです。」

お古館:「そうですか。認定の条件は?」

遠投:「既に数匹のサケを釣り上げて、NAWFが指示するエキシビションの方式で処理をしています。NAWFには、この実績をアピールしています。」

お古館:「NAWFが指示するエキシビションの方式とは。」

遠投:「ポリアンナ作戦です。MP(ミッション・ポリアンナ)というコードネームが付けられています。」

お古館:「”ミッション・インポシブル”なら知っていますが、いったい何事でしょうか。」

遠投:「釣り上げたサーモンを慈善団体に寄付して、バザーなどで買い取ってもらい、収益は戦争難民支援や開発途上国の貧困対策を行う支援団体などに提供する、という作戦のようです。」

お古館:「MP?、それ、何ですか。チャリティーとは違うのですか。」

遠投:「チャリティーは収益金の寄付です。ところがポリアンナ作戦は、アングラーは釣って嬉しい、サーモンを買った人は安くて嬉しい、お金は社会貢献・・、という、“嬉しいが3倍に”ということらしいですよ。」




お古館:「なるほど、一粒で二度美味しいグリコアーモンドキャラメルを超えるのは、バザー。・・今しがた、コミッショナーから発表があったという情報が入りました。どうやら公式試合と認めるようです。」



遠投:「やはりNAWFはプロレス団体と同じで、なんでもありというところでしょか。」

お古館:「エキシビションに参加する他の選手にも、ポリアンナ作戦を行う限り、1回に限り公式試合に変更するとの発表もありました。但し、申請はエキシビションを行う選手の自由意思のようです。またキャッチ・アンド・リリースでも認めるようです。」

遠投:「これは、エキシビションとはいえ花相撲ではなく、ガチンコ、セメントマッチの様相になってきました。」

お古館:「遠投さん。エキシビションも目が離せなくなってきましたね。」

遠投:「そうです。これで現場レポートを終わります。」

=============
★サーモンワールドリーグ戦 検索メモ帳
=============

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

12. Re:無題・・6年生

>のむ子さん
こんばんは
ピカピカの1年生ではなく、ブナブナの6年生でしたが、3年銀ピカより赤色は薄いものの、腹身はぶ厚く、脂も乗ってました。
6年生というより、脂ギッシュなポマードおじさんかも・・。

11. Re:うはっ!

>むぅさん
こんばんは!
僕も初めて見ました。
この日は、この周辺一体で数匹釣りあげられたようです。
いるんですね。

10. Re:無題・・フィッシュオンの

>Fishboneさん
こんばんは
フィッシュオンの開高は84㎝、9kgのキング。
僕も、追体験できた気分です。

9. 無題

でっか!(◎_◎;) 雄鮭は迫力ありますね~ 真打登場というか…アトランティックと6000で仕留めたってとこが素晴らしいです!

8. うはっ!

背中の盛り上がりとか凄いですね!
6年魚なんて初めて見ました

7. 無題

お古舘(((笑)))

しかしまあデカイですな6年魚。とんでもねーでございまする。食べきるのにしばらくかかりそうですな(笑)

6. Re:無題・・4年を中心に

>ぎりっちょさん
こんばんは
4年を中心に3~5年が多いです。
1年、2年とか6年や7年も極わずかいて、遡上します。昨年、河口で40㎝弱の2年魚を見たことがあります。
これで、ある年の産卵にアクシデントがあっても大丈夫なように、なっているようですよ。

5. 無題

迫力満点のレポートです他幼樹(笑)
鮭の顔がすごいですが・・・
3年もの5年、6年物なんているのですか?
普通は4年と思ってました。

4. Re:迫力満点

>豆ライダーさん
こんばんは
タモ入れしてから、最後の取り込みは二人がかりでしたよ。
昨年のメーター級のエイは別として、僕の最大魚です。
この魚は腹身が”ぶ厚い”ので切り身ではなく、1本のまま”荒巻”に加工することにしました。

3. Re:無題・・6年魚は

>まーちゃん( Marbo )さん
こんばんは
6年魚はレアです。
70㎝クラス4年魚の引きは、同じサイズのコイに負けますが、この6年魚は相当なものでした。
機会があれば、是非、釣りに来て下さい。

2. 迫力満点

こんにちは

大迫力ですね 

北の海は 凄いです 素晴らしいです

1. 無題

これは凄いですね!

顔も凄い…(笑)

羨ましい限り。

イクラも羨ましい…(笑)

凄い引きなんでしょうね~

味わってみたいものです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる