スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ダイワ トライアンフ チャレンジャブルなネーミング 1970年代後期

ダイワ トライアンフ チャレンジャブルなネーミング 1970年代後期


アトランティックな夜

アトランティックな夜



アトランティックな夜


ダイワ トライアンフ #6 です。

.

Hiro/カカシ氏というブロ友が今でも愛用するフライリールです。

氏のブログにはロッドにセットした写真が満載です。

http://ameblo.jp/hiroblo-am/

http://blogs.yahoo.co.jp/kakashi1964/folder/149761.html


僕もこのリールを知人から頂き、使い倒しました。


個性的で、きれいなリールです。


このリールは特殊な形状から、コルクグリップにリールシートが埋め込まれたアップロック式のロッドには装着できません。


僕は、丸く削って使いました。


トライアンフ #6は、英国、米国ではDaiwa731という名称で販売されていたようです。

同じ機構、サイズ、丸いボディー、黒・銀のツートンカラーのマイナーチェンジ版、731Aがあります。


また732、734という大型のフライリールもあり、僕は234#9をレイクトローリング用に使っていました。

ハンドルツマミが2つ付いています。234は200gを軽く超える重量でした



アトランティックな夜 アトランティックな夜



さて・・・

トライアンフはTriumphと綴りますが、凱旋、大勝利という意味です。
スプール中央に熊がサーモンをくわえた絵がありますが、凱旋を示しているようですね。


トライアンフには・・・

英国の世界最古のオートバイメーカー、 トライアンフ・モーター・サイクルズ社と

スイスの女性下着メーカー トリンプ社(ドイツ語読み)があります。


ほかにもあります。

それは英国ハーディーのトライアンフです。


リールと竿です。


アトランティックな夜
アトランティックな夜


リールは、Hardy Triumph という 1920年代のトロッティングリール(trotting reel)です。

これは、クロダイの落とし込み用浅ミゾのスプールのリールに似ており、川でウキを流す釣法(trotting)に使います。


竿はJ.J.H.TRIUMPH という270㎝ 8ft 9" # 6のバンブーロッドでハーディー一族の J.J.Hardyの名が冠された名竿です。


1932年から1970年中期まで製造されました。


一方、英国、米国で231として販売したダイワのフライリールは、日本ではトライアンフという名称でした。


ハーディーの竿の製造休止と、ダイワのトライアンフの発売時期はほぼ同じ時期ですね。


日本のリールは外国の製品のコピーから始まりましたが、ネーミングもパクリだったのでしょうか。


謎です。


ハーディーやバイクのトライアンフからきているとすればチャレンジャブルなネーミングですね。

それとも・・・まさか、トリンプ?


ダイワのフライリールの特徴ですが、

231、231A、232、234は、正転時に無音、逆転時にはクリック音という特許を保有していたそうです。


一方、ラインガードは銀色メッキのプラスチック素材でして、僕のリールは糸ミゾが出来てしまいました。


こういうところは、プラスチックのギヤを使ったスピニングリールを製造していたオリムピックと通じるものがありますね。

デザインは面白いのでちょっと残念。

==========

余談ですが・・

ミッチェル300のコピーであるオリムピック81もプラスチックギヤだったそうです。
他にも、オリムピックのプラスチックのギヤを使ったスピニングリールの関連記事はこちら

ハリケーン コブラ No.21 左巻
==========

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:Re:Re:凱旋

>Hiro/カカシさん

>カタログにも掲載されていましたよ~

情報ありがとうございます。

3. Re:Re:凱旋

国産の昔のものは謎多きですよね、、、

ちなみに731Aはトライアンフがセットできない
ロッドを使用する時に使ってます♪

手放してしまいましたが732も所有してました!

734は知りませんが
730、731A、732は82年から数年間
カタログにも掲載されていましたよ~

2. Re:凱旋

>Hiro/カカシさん

こんばんは!

今となっては貴重な国産リールですね!!

フローティングラインならラインガードはそれほど痛まないと思います。

ネーミングの狙いは謎ですね。記事は僕の勝手な推理です。

731と731Aは同じ部品、同サイズですね。

展開図の写真は4枚まとめて写したので見づらいですが・・・

731の展開図を見るとトライアンフ#6ですよ。
731Aは同サイズの丸型ですね。

731A、大型の732,734は輸出流れのモノが国内でも売られていました。

1. 凱旋

まず海外で販売され評価(勝利)を得て日本でもってことで
付けた名前なのかなァσ( ̄、 ̄=) ンー.

と、私の拙いブログをご紹介いただきありがとうございます(;//o//)ゞ

英国、米国ではDaiwa731なんですね!!
知らなかったです~
ボディの刻印は当然731なのかな?

TRIUMPH、
私はこれからもまだまだ末永く愛用したいと思います♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる