スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ (続)バンブーロッドで渓流フライフィッシング・・3日連続

(続)バンブーロッドで渓流フライフィッシング・・3日連続


今日は、夜にソイでも釣って、久々に海の魚を食べようかと思っていましたが、気温は上がっているものの、風が強く、海岸は午後から曇り空になってきました。

山の方を見ると、青空。

即決で、渓流フライフィッシングに行くことにしました。

行きがけに、近くの大河川の河口付近の橋からを覗くと、サケならぬ大きなコイの群れが清流を遡上していました。(これは別記事にて)

途中、コイの釣りポイントに寄ってみると、真昼間というのに、コイの気配があります。2時間ほどやってみましたが、ボウズ。

渓流フライフィッシングは16時半開始です。

今回はいつものポイントより下流で釣り下りながらやってみることにしました。




ところが、下流から2回も遡行するルアーアングラーに出会います。

大場所は諦めて、ルアーアングラーがルアーを通さないポケット状のところをメインにキャスト。

バンブーロッドの曲がりを眺め過ぎてのバラシもあったりして、ポツポツとニジマスを釣り上げました。



最初にヒットした魚は、小さなポイントで、絵にかいたようなドリフトとライズでした。




大淵のある地点まで下った18時少し前から、再び上流に向かって釣り上がります。



ここでイブニングライズを待つ訳にはいきません。

19時には真っ暗になりますから、戻りつつ、遡行しながらも、落ち込みや深みを観察していきます。

ライズが見えるところでは、フライをキャスト。

イブニングは、やはりフライフィッシング。

戻りの方が良く釣れましたよ。

下りでは出なかった所でもニジマスがライズして、フライを追います。



大物は出なかったけれど・・、

3日連続で、バンブーロッドでのフライフィッシングを堪能しました。

18時半に終了。

19時少し前に家に向かい、15分ほどで帰宅。

さてこれからソイ釣りでもと思っていたところ、夕ご飯は地場産のブリの照り焼き。

ソイ釣りに行くのは止めて、吟醸酒で逝くことにしました。

秋冬でもできる夜のソイ釣りを止めて、今でしかできない渓流フライフィッシングに変更したのは大正解でしたね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:Fly fishing

>としあきさん
こんばんは
このところ、イブニングライズを待つ釣りばかりで長距離の遡行はしなくなりました。
やっぱりイブニングライズはフライのための時間ですね。
ルアーでは歯が立ちません。

1. Fly fishing

こんばんは、なみ平さん、

フライ、イブニングがゴールデンタイムですね。
私も暗くなるのを心配しながら粘ったことが有りました。
秋は大物の季節ですね。
楽しみです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる