スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 欧州の釣り雑誌“Sportfiske”、そして僕はスエーデン国のサーモン用スプーンをワンサカ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州の釣り雑誌“Sportfiske”、そして僕はスエーデン国のサーモン用スプーンをワンサカ!!

僕の住む処でも、サケの便りが聞こえ始めました。

ハシリの魚を求めて、有名ポイントには、ヒトデがワンサカらっしいすっ。

僕は今だコイ釣りしていますけど、そろそろ準備。

昨年秋、数十年モノのスプーンでサケを釣った後、殉職しました。

これは本望。

もう手に入ることは無さそうなので、30gの廉価なスプーンを合計50個、

ワンサカ、大量に調達しました。



シルバーの地金にピンクとメタリックブルーの2色。

昨年の経験ではブルーやシルバーは意外と釣れますね。

僕は、フロートを使わず、中層から底近くを釣るやりかたでやってます。

30gあれば、フロート付45gと飛距離は変わりません。

まずは、まだトリプルフックのままなので、シングルに交換です。

僕のサケ釣りはまだ、少し先ですけどね。

このスプーン、スエーデン国の製品らしいっす。

北欧の釣り雑誌(1991年4月)の85ページに広告が出ていました。


38メガのpdfファイルなのでダウンロードは重いですけど、興味深い雑誌ですね。
 ↓
http://www.fishinggarner.com/m2013/sportfiske_3_1991.pdf

ちなみに

3_1991 を、たとえば、5_1991 に変えてみると別の号がダウンロードできました。
これも興味深い。
 ↓
http://www.fishinggarner.com/m2013/sportfiske_5_1991.pdf

こちらでバックナンバーを閲覧できました。
 ↓
http://www.fishinggarner.com/mag.htm

オールド好きのルアーアングラー、フライアングラー、コースフィッシングアングラーは必見かな?

英語、イタリア語、ドイツ語、スウェーデン語などあるようですね。

もうすぐ赤いアンバサダー6000、カーディナル6、アブマチック290で鮭釣り。

ワンサカ楽しみ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:サケの釣り方

>むぅさん
こんばんは
フロート無しで底を狙うのは、混み合わない場所です。そして水深が3m位で砂底の場所。
玉石底でしたら迷わずフロートを使います。
砂浜でも、混んでいればフロートを使うのが、オマツリを防ぐための暗黙のルールですね。
こちらでは、プレスしたソーダカツオを極わずか付ける人が多いようです。
ミノーを漂わせるのは初めて知りました。

3. サケの釣り方

ご無沙汰してます
(ROMはずっとしてたんですけど)

底を狙う釣り方もあるんですね
エサはつけるんでしょうか?
こちらでは浮き釣りか
ミノーを漂わせる釣りが流行ってますけど
どちらも表層狙いです

2. Re:無題・・ツイスト

>Fishboneさん
こんばんは
ツイストって名前なつかしいです。
オールドパルのスプーンを大和がツイストっていう名前で売っていたようですね。
色使いが面白いスプーンでした。
僕も使ってみたいです・・。

1. 無題

サーモンスプーンはそちらの地ならではのものですね。関東の釣り具屋では管釣用の2~3gのものばかりです(^^;; 昔売ってたダイワのツイストが再販されたら大人買いするんですけどね~ あ、いちばん好きなスプーンです。。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる