スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 大増水の渓流へ閃きの出撃、煌めきのイブニングライズ

大増水の渓流へ閃きの出撃、煌めきのイブニングライズ

8月の渓流フライフィッシングは、魚が激減していたり、ヤマメが黒く婚姻色になっていたりするので、気が重いのが本音です。

暑い中、魚の居ない渓流を歩くのは、ちょっと悲しい気分ですから。

先日、8月上旬の台風以来、雨の日が続いていました。

雨量も多く、近くの河川も濁りっぱなし。

ところが、ここ数日だけ水が澄みました。そして水量も豊富です。

ふと閃く思いが湧きあがって、中上流部に足を運んで様子見をしてきました。

水量は2倍以上で河原もほぼ冠水しています。



入渓地点の河原で、ちょっとショッキングな光景を目撃。
これは別記事にしましょう。

前回のフライを付けたまま、車に仕舞っていたセットを使いました。

いつもの魚の付き場のプールは激流になっています。

止むを得ず、下流側にある、流れの緩い大プールで釣りをすることにしました。




大プールは、普段は鏡のような水面なので、シビアな釣りを強いられます。

ところが、今回は、水位が高く、流れも速く波立っています。

こうなると魚が何処にいるのか良くわかりません。

頻繁にキャストをせず、水面を見ていると、主流よりも副流側に小さなライズが見えました。

大プールなので、ついロングキャストしたくなるのを堪えて、地味にミドルキャストでフライを、ロングドリフト。

まずは1匹。尻尾が長く素晴らしいコンディション。

6月より魚が大きくなっています。




その後も何匹かヒット。

入渓地点に戻りながら、小さな落ち込みを流すと、横っ跳びでフライにアタックしてきました。

この場所で粘ってみることにします。

すると、立て続けにフライにアタックがあって、5匹ほど連続ヒットでした。

最後は、30㎝ちょっとのニジマス。



フライを飲まれましたけど、バーブレスフックなのでなんとか外してリリースすることができました。

大増水で、いつもの付き場は激流ですから、この大プールに魚が集まったのかも知れませんね。

18時から1時間ほどのフライフィッシング。

大増水の渓流に閃きの出撃で、煌めきのイブニングライズに遭遇したんです。

フライのロストは無し。フライを付けたまま、車に仕舞い込みました。

翌日は豪雨。また濁流になってしまいましたよ。

明日は・・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:陸封型ニジマスは・・・

>鎌海豚さん
おはようございます
降海型はこちらでは、ニジとブラウンが、わずかですけど生息しています。
降海型ニジには2系統あって、ニジマス系は各所に、純粋のスチール系は一部で、過去に放流されたものが世代交代しているようです。
小河川で、あり得ないような大物ニジマスというのは、海から遡上した個体ですね。
内陸の大物はスチールではなく陸風のドナルドソン系が多いと思います。こいつは海中養殖モノが全国で販売されていますね。

1. 陸封型ニジマスは・・・

私の居住地域でも釣れるのですが・・・

願わくば・・・降海型スティール・ヘッド・トラウトも釣りたいですね・・・

こればっかりは、原産地の北米に遠征しなければ無理な話ですが・・・(^^♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる