スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ニジマスの冷製・・ソテーのワイン蒸しを ヨーグルトとマヨネーズのミックスソースで クールな味わい

ニジマスの冷製・・ソテーのワイン蒸しを ヨーグルトとマヨネーズのミックスソースで クールな味わい

温かいレシピ、“ニジマスのグラタン”に続く、次のレシピは“ニジマスの冷製”です。



記事タイトル通り、ソテーのワイン蒸しを冷やして、ヨーグルトとマヨネーズミックスのソースで味わいました。

冷製は、マスを香味野菜と一緒に茹でてから皮を取り除いた身を冷やしてから盛り付けて、マヨネーズソースで・・、というのが一般的です。

この方法は川魚臭さを取り除き、身を上品な味に変身するんですね。

僕も家族も、川魚が好きで、川の味がする魚皮も美味しく食べたいので、違う作り方にしました。

それがオイルソテーのワイン蒸しで作る冷製です。

==========
軽く塩コショウした魚を、オリーブオイルを引いたフライパンで、しっかりソテーして、
皮に焦げ目をつけます。

そこに白ワインを入れて蒸します。

荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

それを、自家製ヨーグルトと自家製マヨネーズをミックスしたソースで味わうんですね。
==========

今回の盛り付けは少し凝りました。

ニジマスの上に、ごく僅か塩を振って“しんなり”させたキュウリをウロコ模様にして魚に乗せます。

ソースは盛り付け皿にたっぷり。

付け合わせは、赤と緑のピーマンと、ズッキーニのオイルソテー。そして、カットした冷たいトマト。

彩りにイタリアンパセリ。




初めは、ソースをからめて・・・あぁ・・!

続いて、魚の身にレモン汁をかけてからソースをからめて・・・あぁ・・!

魚をほぐしてみると、薄いサーモンピンク色でした。・・・あぁ・・!



とてもクールな美味しさでしたね。

一緒に味わったスープは、冷たいビシソワーズ。

これもクール。




いつもはリリースする近所の小河川で、年1回だけ捕った魚。




今年の渓流魚を使った、最後のマイデリシャスでした。

あぁ・・!・・もうすぐ海でサケ釣りが始まります。

今度はサケで冷製を作ってみたいですね。

あぁ・・!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:ああぁ・・・

>咲いたマンさん
こんにちは
はい!・・たまりませんでした。
先日のグラタンと双璧です。
これもたまりません。

1. ああぁ・・・

これは堪りませんね(笑。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる